社長のDiary

タイランド2018 3日目と帰国日

P9090111

翌日はフリーにしておいたので、ゆっくりのんびり朝食。

美味しい朝ごはん久しぶり。

 

 

P9090112

手前の緑のところにもいずれ何か建ってしまうんだろう。

 

 

 

P9090113

部屋から奥へ向かって続くビル群がいい距離感だと思い眺めていると、遠くで雨が降っているのがわかる。見ていると、次第にこちらへ近づいてくる。

 

 

P9090114

ハンパない大雨になってしまった。

バンコクの街中を歩いて、不動産市況を観て歩こうと思っていたのに・・・

しかも、長く降り続いた。

 

 

P9090115

夕食へ出掛ける頃には雨が上がり、タクシーで向かう。

 

 

 

P9090117

ステージがあるレストラン。

超高級という店では無いのだと思うけれど、ステージがある。

 

 

P9090118

P9090119

大空間、柱を飛ばして建築してますが、大丈夫なのか・・・^^

 

 

 

P9090120

P9090121

食事は

 

 

P9090122

とても美味しかった。

 

 

 

P9090123

sateも出てきた。

 

 

P9090124

魚がとても美味い!!名前は忘れたけれど、「タイでサカナハサカナ」と言われた事があるので、聞かなかった。魚の名前は全て魚だとむかーしむかし、プーケットで説明された事があるけれど。バンコクもそうなのか??

 

 

P9090125

美味しくて空いていて、バンドも始まりいい店で楽しい夜でした。

 

 

IMG_7415

東邦銀行からタイのカプコン銀行へ出向している小池さんと一緒だった。

すっかりタイに馴染んでいる様子で、タイ語も話していた。

今も元気にされているだろうか・・・

弊社の担当と同期だという事で、連絡をしてくださったらしく、後日マンゴーが送られてきたので恐縮してしまった。

次行くときは土産でも持って行こう。お世話になりました。

 

 

P9100126

帰国日の翌朝は今回の出張で一番の天気に恵まれた。

晴れるととても都会的でステキな街に見える。

風呂からも景色を眺める事ができるので、毎朝湯船に浸かるのが楽しみだった。

 

 

P9100127

タクシーはメーター付きのものと無しのものがあり、無い場合には交渉が必要。

ホテルのフロントでメーター付きのタクシーを頼んだ。旅の最後でトラブルになるのが嫌だった。楽しい思い出だけで旅は終わりたいものです。

街中は渋滞していた。

 

 

P9100128

メーター付きのドライバーはすり抜けながらそれなりに飛ばして空港へ向かってくれた。頑張っているのが良くわかった。

 

 

 

P9100130

これ絶対電気盗んでるでしょ??

 

 

P9100131

こんな手作りみたいな三輪バイクが走っていた。

 

 

P9100132

しかも2台で並走していた。カッコいい^^

日本では道交法違反で捕まる^^

 

 

P9100133

あと少しのところで踏切の遮断機が下りてしまった。長い時間待たされた。(5分くらいかな?)

 

 

P9100134

バイタク(バイクタクシー)ら2輪の皆さんは踏切をすり抜けて行ってしまう。

 

 

 

P9100135

左の建物が駅らしい。

 

 

P9100136

P9100138

キタ

 

 

P9100139

客車だった。

 

 

P9100140

線路の反対側はガラス張りのスタバがある。なかなか洒落た駅前だった。

 

 

P9100144

雲と空が美しい。

 

 

P9100145

スワンナプーム空港の近くまできた。

 

 

P9100146

ちょうど飛行機が飛び立つ。

 

 

 

P9100148

運転手さんも英語が通じず、「レシート」と3、4回言うとやっと通じ、「レシートは出ないからメーターの写真撮って行って」と言われた^^247バーツだったけれど、飛ばして頑張ってくれていたので300バーツ渡してお釣りいらないよと伝えると、すごく感謝されてしまった。

騙されて多く取られるのは嫌だけど、多くあげて喜んでくれると惜しくない。

気持ち良くお金を手放すことに慣れなければならないと思う。

 

 

P9100149

証拠にドライバーくんの写真も撮ったけれど、当然経費には出来なかった(T T)

 

 

P9100150

ここから出発するのは久しぶりです。

 

 

P9100151

P9100152

カウンターを探し

 

 

P9100153

ANAのカウンター見つけた。

 

 

 

P9100154

出国審査を終え、一息つく。

この飾りは以前もあった。

 

 

P9100155

お土産の化粧品などを買いラウンジへ来たけれど、お腹も空いてないのでコーヒーだけ飲んで過ごした。お土産を探すのに時間がかかり30分くらいだけお世話になった。

 

 

 

P9100156

このラウンジのまる〜いトイレがまるでBB8みたいだったので写真を撮ってきた。

 

 

 

P9100157

帰りの飛行機は昼間の方が好きだな。

朝は大変だし、夜はなんだか寂しい。

 

 

P9100158

P9100159

夕焼けが見えるこちら側の座席を予約しておいた。

 

 

P9100160

雲行きが怪しい

 

 

P9100161

カタール航空や

 

 

P9100162

珍しいイスラエル航空なんかと同じターミナルだった。

タイはムスリムの方々が多いので、何かと往来があるのだろう。

 

 

P9100163

滑走路へ向かうと案の定、大粒の雨が降ってきた。

 

 

 

P9100165

さよおなら〜

 

 

P9100166

水蒸気が多い

 

 

P9100167

タイは暑いんだよね。

 

 

P9100168

 

P9100170

水蒸気の層と雲を抜けて青空の下に出た。

 

 

 

P9100172

川は随分と蛇行して流れている。

 

 

P9100173

南国の雲はいい。

 

 

P9100174

P9100175

 

 

P9100178

完全に雲の上に出た。

 

 

P9100179

タイの上陸を切り取るように飛ぶ。

 

 

P9100180

「シャンペンが直ぐに無くなっちゃうんです。燃費が悪くゴメン」と言うと、2杯置いてくれた。

空いているとはいえ、彼女らは忙しいので、お代わりを連発するのが申し訳なく、思い切って言ってみるとこんなサービスをしてくれる。今回はボトルごとではなかったけど〜^^

 

 

 

P9100181

食事が出てきた。

 

 

P9100182

P9100183

軽い感じの前菜。キャビアも美味しかった。

 

 

P9100184

P9100185

タイからラオスを超え

 

 

P9100186

P9100187

ベトナムのダナン上空を飛び南シナ海へ出る。

 

 

P9100188

南シナ海から東シナ海を経て太平洋、日本へ。

 

 

P9100189

メインの肉はカレーライスかと思った。

 

 

 

 

787の窓は明るさを調整できる。

P9100191

奥の窓は真っ暗にし、自称空の写真家は手前をうす青くし、外が見えるようにしておいた。

 

 

 

P9100192

青い窓のまま撮影。

 

 

P9100193

P9100194

居眠りして気がつくと、夕焼けを見逃していた(大汗)

 

 

 

P9100195

飛行機が方角を変え雲が切れると

 

 

P9100196

少し夕焼けが見えた。

 

 

P9100197

あとはもう、暗くなっちゃって。

空の写真家(自称)失格(T T)

 

 

 

P9100199

というわけで。着陸の1時間前には軽食のサービスがあった。

久しぶりにラーメンを頼んで食べた。

日本でもロンドンでも随分と食べていなかった。

美味しい。

 

P9100200

しかも配られた水の名前がAuraだった。リヴァプールに買ったコンドミニアムと同じ名前。きっとどちらも成功するだろう。

 

 

P9100201

羽田に着陸すると物凄い雨だった。

 

 

P9100202

空港のロイヤルパークホテルを予約していた。

ロンドンへ向かう前にも泊まったので2週間ぶりくらいだろうか。

到着して羽田の国際線ターミナル直結というのがとても便利だ。

 

 

P9100203

長〜い廊下の一番奥の部屋でした。遠い。

翌朝は食事をする暇もなく、モノレールに乗り地元へ向かった。

 

この昨年9月頃は、とにかく忙しかった。今思うとよく予定をこなしていたと思う。タイから帰国した週末には北海道へ向かっている。出張の準備をする時間さえ無く、前日の深夜か当日の朝に準備していた。

食事をする時間も無く、夜だけしか食べられない日はしょっちゅうあった。(その割には痩せないんですけど〜^^;)

短いタイへの旅を終え、まだまだ暑い日本を飛び回っていた。

 

現在は小名浜の工事を終え、6現場で工事中だ。発注額は50億を軽く超えている。

まだもう少し忙しい日が続きそうですが、暇をみて旅の様子を中心にUPしていきます。

もう少しのんびり過ごしたい今日この頃。

今回もお付き合いありがとうございました。

 

おわり

 

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP