社長のDiary

祭り

今年の稲荷神社例大祭も地元上浜町で太鼓の先生を。

今年は、幼稚園生をはじめ小学校1年生2年生など、低学年の新入りが11人もおり、昨年激減した子供もたくさん戻ってくてくれて、30人を超える子供らに囲まれて10日間の練習、本番は3日間。合計約2週間を費やした。

それでも、天才幼稚園生和太鼓奏者が出てきたり、去年までイマイチだった子供がわずか10日間の練習で上達してしまったりと、教えがいのある子たちであった。こんな感じで地元白山神社の隣に新築した町の集会所で行われます。

今年は、小学校から一緒だった鈴木浩二君(写真。1年先輩)吉田奈緒美ちゃん(1年先輩)その弟タ―ちゃんなんかが25年振りで参加してくれたので、祭りは大いに盛り上がった。楽しかったね~^^

往年の名手が揃ったので、気分よく私も叩く方に参加。太鼓番している場合ではない。見るアホウから踊るアホウへ。

叩きまくりました^^

来年は、お伊勢さんの神殿が完成する年で、稲荷神社の丹治宮司が「須藤さんもお披露目へ一緒に行きましょう」と言って下さっており、祭りも最高に盛り上がる事と思われます。

今年の連山車は稲荷神社までしか行けなかったけれど、来年は駅前の20町で行われる太鼓の競演に参加できそうなので、私も叩いちゃおうかなと、今からワクワクです。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP