社長のDiary

ちょっと前の日々

1月末から3月上旬の話題の補足です。食べ物中心。。

飲み会帰りに出ていた月がきれいだったり。

猪苗代にあるおおほりの蕎麦を一人すすってみたり。美味い!この日はたしか2月の中旬。大雪で貸し切りだった。

ツツミ住販の社長幼馴染の佐藤浩人君と飲んだ時は、韓国料理の店へ案内され、参鶏湯を頂く。これも美味しかったな。浩人は社員まで雇っているんだよなー。素晴らしい。サイトウ印房の斎藤互のところも10人以上居るし。みんなすごいよ。わが社には相変わらず社員とかアルバイトとか居ません。

2月の末は会津へ集金の為、途中猪苗代でまるひの蕎麦。こちらもおおほりと負けず劣らず美味しい。週末は行列なので絶対に行かない。

まるひを出て若松へ向かう途中。磐梯山がきれいでした。大変ハードだった2月。28日のこの日夕方、久しぶりの高熱を出し寝込む。久しぶりでたくさん眠りました。正直、2月は忙しすぎて睡眠時間があまり取れなかった。決戦の2月だったのだ。1日15時間くらいずつ2日間眠った。インフルエンザではありませんでした。

 

 

レンジローバーの新型が出たので、3月5日は仙台へ出張のついでに六丁の目にあるショールームへ。カメイさんが輸入販売している。さすが砂漠のロールスロイスと言われた車だけあり高級なのだけれど、残念なのは今時流行の低燃費とか、ハイブリッドなどには縁のない車で驚いた。5km/Ⅼくらいしか走らないらしい。私が乗っているBMWの4WDでも10km/Ⅼ近く走るのに。まあ、こーゆーのに乗る人は燃費なんて気にしないのだろう。1970年代から比較して原油の輸入価格が13倍になってしまった日本には合わないよなー。車なんて所詮おもちゃですけど、でもいい車でした。

終了。

 

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP