社長のDiary

よもやま

6月17日は山形で仕事があり、蔵王温泉に一泊。初めての宿でしたが、素晴らしい旅館でした。

蔵王国際ホテル。食事も良かったです。とにかく、温泉が素晴らしい。蔵王は硫黄泉なので、管理が大変だそうで、それであまり大きな湯船は作れないそうです。ここは室内の風呂も大きいし、露天も浴槽が2つ(熱いのとぬるいの)あり、とても立派でした。蔵王で露天の一番大きいのは、遊山会御用達「源七露天の湯」。こちらは、大自然の中で風呂に入っている感が強く、露天がとにかくデカイ!湯はぬるめで長く入れます。

翌日は、酒田へ移動。お客さんと昼食。ル・ポットフーという、老舗のフランス料理店ご存じでしょうか?日本海で獲れた魚を使った料理で有名な店でもう、10年以上通っています。酒田駅前にあるホテルの3階にありますが、ホテルの名前が変わっていました。(アルファ―1じゃない方)ランチはそんなに高くありません。酒田へ行ったら、是非食事してみてください。今回はステーキを頂きましたが、とても美味しかった。デザートも素晴らしいです。

また、駅を背にして西へ向かい、ル・ポットフーがあるホテルへ曲がらず直進、少し先の大通りを左折すると、鮨店の「こい勢」があります。こちらは、季節の獲れたての魚を握ってくれます。おまかせ10カンが2800円くらいだったかな。大トロや、ウニなども付き、春に出される馬ヅラハギに肝を乗せたものなどは絶品です。酒田の魚は本当においしい。

ついでに、加茂水族館へ。タコが水槽のガラスにぴったりと吸いついてお出迎え。

平和な日本海。

泳ぐ姿が美しい。

Rの具合も美しい。君はモデルさんか?

横になって寝ている姿は私とそっくりなんだそうです。

加茂水族館はクラゲで有名ですが、かなり老朽化しています。平成26年に、建て替えてリニューアルオープン。1000坪ほどの建物を新築するそうです。

自分で発光しています。自分で光を放つなんて、スゴイ能力!幻想的です。

崖の上のポニョに、こんなシーンがあったような。

福島へ戻り、翌日は清明町の現場へ。建物が出来てきました。クレーンも作業を終え、敷地内から撤収。

昼過ぎに会津若松へ。集金の帰り、台風4号の影響で猪苗代湖には△白波が立っていました。10年ほど前まではヨットレース(ハナハルカップ)に出場していた事がありますが、レース終盤に、最後のタックをして、セール全開で追い上げ中天気が急変(急に突風が吹いた)し、キールが水面から出るくらい船が傾き、危うく転覆しそうになった事があります^^(それでもレース中なので、セールを緩めなかった。ほぼ90度に傾いたまましばらく帆走を続けましたが、途中で断念。ゼノアを緩め失速。その最中には「死ぬ―!」「うるせえー!気合入れて緩めんなー!」「もうダメ―!」「大丈夫だー!このまま追い上げて一位取るぞー!!」などの、怒号が飛び交いました)ヨットは格闘技ですね。猪苗代湖も突風が吹き、荒れる事があります。懐かしい夏の思い出です。

越冬したのに里帰り出来なかったでっかいハクチョウは、目が下を向いており、観光客が居ないせいか天気のせいか、なんだか憂鬱そうでした。

中途半端におわり

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP