社長のDiary

横浜

沖縄から戻った翌朝。高速で東北道→磐越道→常磐道→外環→湾岸線と走り横浜を目指していた。5時間も寝られなかったと思う。ちょっとハードでした。

ディズニーランドのあたりで渋滞が発生。

 

道路の真ん中で車が追突していて、これを避けるために渋滞が起きていた。警察が来ていないから、事故は起きたばかりだったようだ。

 

その後のお台場あたりもノロノロ運転が続く。早く出過ぎたかな。

 

渋滞から解放されたのは羽田を過ぎた頃だっただろうか。

 

ベイブリッジが出来た頃(随分昔の話)、ツツミ住販社長のヒロトの車(当時はまだお互いサラリーマンだった)で連れて行ってもらった覚えがある。今でもあの頃と変わらず都内を通らないでベイブリッジを渡り横浜へ行く事が多い。ベイブリッジを渡るとあの頃を思い出したり、とにかく「横浜に来た」って感じがするので好きなんだな。

 

大黒埠頭のパーキングには寄らない。

 

天気が良くてキラキラと海も綺麗だった。

 

富士山も見えていた。

 

まずはホテルへチェックイン。クラブルームで荷物を預け、アイスコーヒーで一服。

 

昨日までの沖縄の空が嘘のような快晴。そうだよなぁ。昨日まで沖縄に居たなんて随分前のことのように感じる。現代の交通機関の発展は素晴らしいものです。

 

「夕方には戻ります」と伝え、ホテルを後にしてまずは海老名まで電車で向かった。

海老名にはトラックメーカーの方が車で迎えに来てくれており、工場へ向かった。

作業用に注文していた車(1号車)がドイツから届いていた。

 

なかなか素晴らしいけれど、予想外だったのはウインチが外に50cmも出ているらしい。うーむ。マットマックスのスーパーチャージャーを前にくっつけたようではないか。おかげでとんでもなく早そうにも見える。

 

追突したら刺さっちゃうでしょ^^;

飛ばす車でもないから、のんびり運転しようかな。納車は今年1月にできるのか2月にできるのか。4月までに間に合えばいいのでこちらものんびり待ちます。

伊勢原からホテルまで車で送っていただいた。

無料アップグレードされた部屋に荷物が届けられていた。広いけれどちょと変わった部屋だった。

南の窓側の部屋がベッドルームになっていて、枕側の壁の裏は

シャワー、お風呂、トイレ、洗面所の水場が並んでいる。機能的と言えば機能的だけど、変わった間取り^^

部屋を2つくっつけて作ったと思われる部屋だった。

 

トイレから察するにリフォームしたばかりと思われる(世界トイレ研究会会長)。

 

太陽は3つに分裂していた。

 

景色のど真ん中にある邪魔な鉄塔の影に富士山のシルエットが見えていた。

 

太陽はまたもや3つに分裂し、さらに十字に光を放っていた。

 

富士山

 

夕日が扇形になっているのに鉄塔邪魔

 

残念な鉄塔です。

 

翌朝。

 

疲れていたからかぐっすりと眠れた。

今日も天気がいい。

 

ベイブリッジを渡って帰る。

 

帰ったら結婚式に出席する。そして、祝辞を頼まれていた。横浜に居る間、何を話そうかとずっと考え、ずっと緊張していた。少人数の中で話すのは好きなんだけど、大勢の前でスピーチとか、とても苦手なんです。

渋滞もなく帰れたのが唯一の救いだったのでありました。

スピーチの事で頭がいっぱいになり、写真も撮り忘れてしまった。

おわり

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP