社長のDiary

2014 マレーシアクアラルンプール編

2014.3.25、 午前10時半までに仕事を片付け福島を後にした。明日の飛行機でクアラルンプール、コタキナバルへ向かう旅に出るためだった。

マレーシア航空370便が消息を絶ってからまだ発見されておらず、大丈夫と思っていても心のどこかで飛行機の心配をしており、ちょっと気持ちの重い旅の幕開けでした。

 

そんな私を元気付けるかのように成田では、私の恩師佐藤常寿さんが待っていてくれて、すっかり夕食をご馳走になってしまった。「成田に来たら任せておけ」と。いつもありがとうございます。福島では任せてください。

 

同じ頃、同級生の佐藤はハワイへ向けて出発。Dr.タカタマはグアムから帰ってきたので、目的地は別々だけど、3人の同級生は同じ時間成田に居たようです。

 

私はいつもの定宿マロウドインターナショナルに前泊。午前便で成田から海外へ行く場合は前泊がオススメです。っていうか、一番速い新幹線に乗っても10:30のフライトには絶対に間に合わない。前泊のほうが安心で楽しい。旅はもう始まっています。

 

空港ではファーストクラス、ビジネスクラス利用者専用の「Fast  Track」なる物が新しく出来ていたけれど、出国審査前の手荷物検査を早くしてあげるよ的なゲートだが、残念ながら1レーンしか無く、一般の手荷物検査の方が3倍くらい早かった。空いている時期にこれなんだから、混雑期はどうなってしまうんだろう。おまけに出国審査は専用レーンが無いので拍子抜けしてしまった。成田空港さんよく考えてから作ってくださいよ。

 

出国審査を終え、ゲート番号が後ろの方だと以前はトラムに乗って駐機場まで移動したのだけど、トラムが無くなり、歩くエスカレーターが作られていた。これはかえって早いかも。

 

マレーシア航空のビジネスラウンジはカンタス航空と共同で運営されています。というか、混ぜてもらっているのかな。

 

落ち着いた室内です。

 

シャンパンやワインは充実。しかし、食べ物があまり無いのが残念。期待して朝食は食べていなかった。

 

 

 

眺めもいいです。

 

とりあえずシャンパンを啜りながら待つ事にしました。朝から1時間半がぶ飲みしてしまった。アル中か俺!?

 

ラウンジに案内があり、ゲートへ向かいすぐに機内へ通された。今回のシートはちょっと豪華だった。最新鋭ではないけれど。

 

 

迫力の大空間。前のポケットには手が届きません。

 

なんと窓4つ分。ファーストクラスサイズじゃあないですか!!

 

無事離陸。

 

いきなり「サテ」が出てきた。山盛りでこんなに食べれない。マレーシアの焼き鳥です。ピーナツソースより、日本人は塩コショウで食べたかった。

 

ツマミが出始めて。大した映画も無いので、007を見て過ごす。007は全部見ているので、ストーリーがすべて分かっており、英語に耳を慣らすのにはモッテコイです。

 

こんなに食べられません。シャンパンは次々と胃の中へと吸い込まれて行った。

 

食事が終わるとブラインドを閉めろと言われ、こんなすてきな空間になる。上空写真家の私としてはそんなお願いを受け入れる気持ちにはなれず、窓2つは開けておいた。他にも居たけどね。ブラインド閉めない人。

 

皆さんだいたいリラックスして過ごしています。

 

 

次第に夏の雲達が現れ、海の色が美しいコバルトブルーやらエメラルドグリーンになってきた。

 

美しい。フィリピン上空。

 

約7時間でマレー半島上空へ。

 

随分と開発されていますが、植林も計画的に行われているようで少し安心しました。

 

1年半ぶりでクアラルンプール国際空港到着です。懐かしい空気が出迎えてくれた。

 

 

黒塗りのベンツでホテルまで向かいますが、この運転手さん、メチャメチャ飛ばす、あおる、追い越す、車線変更する。

 

マレーシアのETCです。カードの利用代金はこの料金所で係員に現金を払う事でチャージできます。

 

遠くにツインタワー、KLタワーが見えてきました。普通1時間かかるのに、ここまで30分と掛からない。

ホテルに到着する頃には、あまりの暴れ馬ぶりに少しぐったりしてしまった^^;

 

部屋に到着。シャングリラ系列のトレーダースホテルです。前回来た時に次はここに泊まろうと決めていました。何と言っても公園を挟んで真正面にペトロナスツインタワーが見える。マンションを購入する時も、このツインタワービューとKLタワービューは人気となり、当然自分もそーゆー部屋を購入しました。

 

夜光るとまるで絵画のようでしょ?

 

美しいです。

 

美しい。

 

この部屋、就寝時に足元のfoot lanp を点けてみたら、何だか風呂場が光っている。行ってみたら洗面台が光っていた。大理石ってこんなに透明感あるのか、それとも人造大理石なのか・・・

 

美しい景色を見ていたら日付が変わっていた。

 

絵画。

 

うとうとしていたら、コーランが聞こえてきた。そう、ここはイスラムの国。毎朝6時にはコーランが町中にあるモスクのスピーカーから流れます。とても心にしみるような歌です。

 

朝焼けも美しい。画面右側が東です。

 

今日は着工した現場を案内してもらいます。

 

つづく

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP