社長のDiary

2023年正月の過ごし方

1月1日、2日はのんびりと過ごし、3日には神社の参拝を始めた。

卯年に因んで喜多方の出雲神社へ。初めてだったけれど立派な神社だった。

 

せっかく喜多方まで来たのだからと足を伸ばす。

山都町にある飯豊山神社へ行ってみた。

 

驚いた事に、こちらはお札も何も買う事ができず、お賽銭を入れる事すら出来なかった。8月にしか開いていないような情報あり。

飯豊山へ昨年行きたいと思っていたけれど、大雨の被害で登山道までたどり着くことが出来なくなった為、登頂を諦めていた。今年の夏、頂上の神社を目指して登りたいと思います。

 

帰り道の121号線沿いにある喜多方の道の駅。曇り空が一瞬晴れた。

 

反対側には月が出ていた。

 

翌1月4日、午後の新幹線で水沢江刺駅到着。こんなに混んでいる水沢江刺駅は初めてでした。

 

何故かタクシーはいない。

少し待ったら1台だけタクシーが来たのでホテルまで送ってもらった。

天気が悪かったんだけど・・・

 

しばらくすると少し晴れてきた。ここ水沢も今年は珍しく雪が少ないという。

この日の夜は食事会があり、仲間らと11時頃まで飲んだ。

 

翌日は地元工藤建設会長の奥様の1周忌がありお呼ばれ。

余興の津軽三味線は素晴らしかった。

 

師弟によるユニゾンは迫力と面白さがありこちらも素晴らしい。

1周忌の粋な演奏だった。

 

1月6日は稲荷神社へ会社の清祓いをお願いしていた。

その前に、小田の鹿島神社へ宮司さんにお土産を届けながら参拝。

写真は撮らなかったけれど、中野不動尊へも参拝。

 

17:30 稲荷神社到着。

とても静かに月が出ていた。

年末年始の喧騒を忘れたかのように鎮まる境内。

この日、丹治宮司は27回目の祝詞奏上だったそうで、我が社の後、最後の1社のお祓いを行ったようです。少し声に力が無いような、かすれているように感じていたんだけどそーゆーことでした。今年最初の大吉日にお祓いをしてもらいスッキリした気持ちでスタート出来た。

お祓いの後、神社斜め向かいのおかめやさんで日本酒を飲みながら過ごし

翌日予約をしていたのに仕上げのキッチンキーズへ寄ってしまった。

ウイスキー2杯を飲んだけど、2杯目に出してくれた65度は効いたなぁ〜^^;  帰ってすぐ寝た😪

 

 

昨年12月、北海道の帰りに連絡をとっていた龍くんと2人、キッチンキーズで食事をしてからがっちゃんの店へ。

キーズでも一緒だった病院の先生ご夫妻と一緒に話しながら飲んだ。

そういえば昨年、ドカジャンが欲しくなり探していたら胸に「アルプス工業」の刺繍が入っているものを見つけてしまい迷わずGet ^@^  鬼瓦権蔵グッズを手に入れることが出来ました^^ 龍くんにもがっちゃんにも大ウケ ^@^

 

「冗談じゃないよ!!(鬼瓦権蔵風)」

さすが龍くんはドカジャン似合います。

 

8日日曜日。酔いも覚めたら腹も減ったので、東根市へ用を足しながら伊勢そばへ。

並ばずに入れた^^

いつもの天もりを頼む。顎が疲れる。痛くなる。たまに食べたくなるゴリゴリの蕎麦。

隣の若い兄ちゃんは、大盛を飲むようにあっという間に平らげていた。

世の中にはスゲえやつがゴロゴロ居る。

 

9日はちょっとのんびりして。年末年始に撮り溜めしたテレビを8時間ぶっ通しで観た。

日本の将来を憂う番組が多く、東京は別として地方都市の未来はどのようにすれば輝いていけるのかと、考えさせられるものばかりだった。インバウンドインバウンドと連呼するような番組ばかりだったけれど、そればかりというか日本の生きる道はそれしかないというのはいかがなものか・・・ 経済学なんてのは、当たるのも八卦当たらぬも八卦の学問であり、予想が外れてもケロッと次の本を出したりしてくるけど(学者の方々)無責任な発言を当たり前のように繰り返す人の意見に囚われてもいけない。為替や株価だって、完璧に当てられるわけもなく、経済というのは生き物であり、さらには世界中が釣り糸がお祭りした時のように複雑に絡み合ってしまっているのだから、自国の政治・経済ばかりを優先して俺が俺がとリードする政治家や国家体制(国民を含め)がぶつかり合っていたのでは、世界が上手くいくわけもない。もっと胸襟を開き本音で会話する事ができないものなのだろうか。ネゴシエーションよりもフレンドリーとかthoughtfulnessを今後の社会には必要としているように思われる。ゴルビーとレーガンが握手したあの日は幻だったのか・・・

 

てなわけで。10日は東京八重洲で打ち合わせがあり、昼前の新幹線に乗り、午後から約1時間話し合った。

 

夕方から神田で新年会へ呼ばれていた。

神田にこんな立派なビルがあるなんて知らなかった。

 

日本の都会もカッケ〜なぁ〜

 

正月だったからか、人はまばらだった。

 

最終の新幹線に乗る

 

目が覚める、もう40年もお世話になっているタカラ缶チューハイレモン。これを飲んでいれば乗り過ごす事もない。

 

東京駅もガラガラだった。

 

福島駅もガラガラ

 

ESTAビルの上に月が出ていた。

こんなビルを持てるようになるなんて、夢にも思わなかった。

持たせていただいた皆さんに感謝。

 

 

福銀の駐車場を横切って帰るのが好きで^^

さっきから気になっていたんだけど、また月が2つになっているではないか・・・

 

何度撮っても月は2つだった。

 

 

翌1月11日は今年初のふくの季さんへ。安定のおいしさ。

「先日須藤さんのブログを見て知ったというお客様がお見えになりました」と阿部さんが言っていた。

応援しているお店なので、どなたか知りませんがありがとうございました。

くだらないブログにもお付き合いいただいてありがとうございます。

 

おわり

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. アメリカ一周ウルトラ出張その7(カリブ海編)

  2. アメリカ一周ウルトラ出張その6(カリブ海編)

  3. アメリカ一周ウルトラ出張その5(カリブ海編)

アーカイブ
TOP