還りたい場所を探す旅の、お手伝い。

Home > 社長のDiary > ふくの季でのワイン談義

ふくの季でのワイン談義
2020年12月05日 (土)

AF2ECB60-D707-4AFA-BE33-83BF710553D8_1_201_a

福島市中心部から旧4号線を南下し、荒町に入ったあたりの左側にフレンチレストランの『ふくの季』さんがあります。

阿部オーナーシェフと奥様が暖かく迎えてくれる。

東北唯一の三つ星レストランとも言われています。

 

上の写真はフォアグラ。外がパリパリ、中はジューシーな逸品はここでしか食べられない。

ふくの季さんには何年通っているだろうか。10年以上になるだろうか。折に触れおめでたい時、両親ら一族を招待したり、大切なお客様を連れて行ったりします。

阿部さんとは二人で飲みに行ったり、ウチに奥様と来てくれたりする仲。

ワインやフランスの食文化について色々と教えてもらえます。

 

 

647D9555-D839-4604-BE30-1586C0F759CE

こんな貴重なイチジクが口直しに出てきたり。

 

 

59AC2EE6-9364-440E-BD0C-3F2E847B5184

牛フィレ肉はとても上品で。付け合わせのあみたけとヒラタケの炒め物がこれまたたまらない美味しさ!!

帰りにはお土産にたくさんヒラタケをいただきました。もちろん、バター醤油炒めで食べたですよ^^

 

全ての料理は素材の味を生かし、薄味なのに感動的に美味しい。

 

 

 

1BE4AC7A-4F8D-4230-9E2C-D139F0389C15_1_201_a

鯛が美味い

鯛が美味いと感じるのはここだけなんだよね^^

 

 

2B93EDDE-5E9C-4F29-86A6-9E8F9E480A03

最初はいつも、ロゼのスパークリングから始まるんだけど、2本目にシャブリを勧められた。

 

阿部さんにもワインを勧め、一緒に飲みながら今回教えてもらったのはシャブリについて。

 

世のおじ様は「とりあえずシャブリ飲んでおけば美味しいそんなに高くないけれど高級感があり無難」と思っているけれど、シャブリってハズレが多いと思いませんか?それについて質問してみると・・・

シャブリは輸入元で判断したほうがいいと。裏側の右上に輸入している会社が書いてあるんだけど、この会社の物は間違いが無いそうです。

世界に溢れているシャブリのうち、美味しいのは2割くらいしか無いんだとか。

 

 

 

0DFC1657-6F40-49E5-8DC1-B71307533CFE

この輸入元が仕入れるこちらの会社は間違いがない。

 

 

 

83949D10-82C2-42EC-912F-68DAFD12380B

フォアグラには赤ワインではなく、シャブリを勧められた。

確かに。

間違いない。

完璧。嗚呼。う〜む。

言葉にならない。

 

以前、仙台の阿部社長夫妻に連れて行ってもらった棚倉の小判寿司の和知さんについて阿部オーナーに話したら「ウチにも来てくれます」との事だった。

仙台の阿部社長が言うには「和知さんが福島の『二夜の月』にも行ったと聞いたけど、すどしゃちょ知ってますか??」と聞くので、「たまに行くし、祭りの時にはトイレも借りるよ」と言うと相変わらずの「ヒャ〜ッヒャ〜ッヒャ〜ッ!!」という笑い声が返ってきた。福島にも和知さんが認める店があるんだよ^^阿部社長^^

阿部社長ご夫妻にはいずれ、ふくの季さんと二夜の月さん両方にご案内いたしましょう。

 

 

はしごでね。正子ちゃん^^

 

おわり

前の記事
«
次の記事
»

Home > 社長のDiary > ふくの季でのワイン談義

ページトップへ