社長のDiary

つづき

ちなみにこちらがなんちゃってアップル君。お気に入りです。

それでは、2月の続きを。くだらない私の日常なので、忙しい方は暇なときに見てくださいね。だからどうしたって事もないので。まとめて書く日記です。

16日は全日本不動産協会顧問議員団との懇談会と懇親会。私は頼まれた原稿を本部へメールしていたのだけれど、「これを皆さんの前で発表してくれ」とのお達しがあり、あまりそういうのは得意じゃないんだけど、自然エネルギーに取り組む場合の問題点を話す事になった。一番は行政の縦割りの問題なんだけど、残念ながら現在の法律、福島県の条例下での自然エネルギー開発は遅々として進まない。被災地では特区が認められるんだから、自然エネルギー特区にして、42円の電力買い取り制度は今年に引き続き延長するとか、景観条例は該当させないとか、未線引き区域で5ha以上の開発でも届出だけでいいよ!とか、役所のみなさんはもっと勉強してほしいものです。国会議員、県議会議員、協会会員の皆様にはご賛同をいただいたけれど、役所の皆さんもよろしくお願いします。エネルギー問題はできることから行うべき大きな問題です。

ソフトバンクの孫社長がロシアから海底ケーブルで北海道まで電気を引き、列島に接続しようという事業は三井物産と組んでスタートするようだけれど、今の日本政府よりロシア政府の方が許認可早いんじゃあないのかな?

それから、この議員懇談会後の懇親会にはお世話になっている友達バンド00Z(ゼロゼロゼット)+1のみなさんがが出演。ジャズなどを演奏してくれて会員の皆さんもご機嫌でした。

 

18日は残金の準備をしたり、いわきとは別の入札の段取りをしたりしながら過ごす。

19日はいわきへ現地調査、役所との打ち合わせ。

20日は曽根田の土地売却の段取りをして、22日に引き渡し。とても良い方に購入していただきまた、土地活用の提案も受け入れていただいた。少し時間は掛かったけれど、不動産は売ればいいってもんじゃないと思う。一番良い形で購入できて活用できる人に買っていただくべきじゃないかな。いつもそう思う。何かが足りないとか、考え方が違っていると「買って失敗した」という事態が起こるように思われます。

23日は一日中、契約書の作成に追われ、24日は再度いわきへ。仲介する土地の境界立ち合いだったけど、出発する時は福島市内ものすごい雪にに見舞われたけどいわきは快晴だった。途中の小野町あたりは氷点下6度。いわきは+5度。いわきは暖かく過ごしやすい。

夕方からの会合まで時間があったので、昨年10月に亡くなった同級生の丸山晃の墓参りをした。丸山は大学の同級生だったのだけど、今年の正月明け同じく同級生の小林真と西方から「丸山が亡くなったと年賀状の返信があった」という事で、1月に数名で集まり実家と墓へお参り行ってきたのだけど、(写真はその前夜。和田君は相も変わらずドタキャンだった。^^)

昔は毎日顔を合わせていた仲であり、いわきに行って時間があるのにただ帰るわけにもいかないのである。しかし、墓前で手を合わせても、話しかけても返事はないのだけれど、それでもいつかまた自分もあちらの世界へ行けば会える訳で、相変わらず卒業後別々に離れて暮らしているくらいの感覚で、ああ、またそのうち会えるなというのが今の心境です。私も歳とったのかな?

福島に戻るとまたすごい雪で、前が見えないくらいだった。夜の会合には無事間に合った。いわき市好間にある白土屋の巨大シュークリーム10コをお土産にした。

25日は一日打ち合わせやら相談受けたりしながら過ごし、夜は飯坂の松屋、石森社長と久しぶりで食事。昨年の11月末から「忘年会やろう」と言いながら、全くお互いの都合が合わずにとうとう3月の声が聞こえる時期まできてしまった。以前は「今夜空いてるの?」くらいで会えたんだけど、お互いに忙しいのか、都合が合わないだけなのか、最近はなかなか会えなくなっていた。久しぶりだったけど、ホント楽しい夜でした。

26日、午前中フェイスブックで幼馴染の松本(旧姓吉田)奈緒美ちゃんから連絡があり、「今日いいともに出まーす!」なんて事で、あわててテレビをつける。

中井君やタモリさん、さまーず(さまーずはいつも面白い。好きです)に囲まれての出演。これが今月2回目だからすごいよな~。9日に会って一緒に飲んだばかりの先輩が、芸能人に囲まれてテレビに出ているって不思議な感じだった。

不思議だったのはその夜も続き、ある日お世話になっている方から「リンゴスターのライヴ行く?」と連絡があり飛びついた。それが、この日だったんだけど、午後の新幹線に飛び乗り新橋へ向かい、その弟さんでavexの偉い方からチケットを貰い行ってきましたよー。

ビートルズのリンゴスターです。東京でのライヴはこれが最後と言われており、今年73歳になる。

今回は「リンゴスター&ヒズ・オール・スター・バンド」というのがバンドの正式名称で、メンバーはリンゴスター、スティーヴ・ルカサー(TOTO/guitar、vocals)超有名なトッド・ラングレン(guitar、vocals)リチャード・ペイジ(ペイジズ、Mr.ミスター/Bass、guitar、vocals)グレッグ・ローリー(サンタナ、ジャーニー/keyboards、vocals)グレッグ・ビソネット(Drums)マーク・リヴェラ(sax、percussion、vocals)とにかく素晴らしい演奏だった。

この前に居る女性が踊りまくっていて私にガシガシ当たっていたけれど・・・

みんなが撮影していたので私も撮ってみたけれど、明るすぎてi‐phoneでは限界でした。残念。

今回は年末に26年ぶりで再会したブラバンで一緒に演奏した松浦を誘った。

右は1級上チューバ吹きの伊東ちゃん。新橋が仕事場という事だったので、「新橋駅前に居るからすぐに集合~!」という事で呼んだらすぐに来てくれて、先輩とも27年ぶりの再開。基本、みんなあの頃と変わっていなくて笑ってしまった。ついつい飲みすぎて、二人とも終電に乗り遅れカプセルホテルに泊まったらしい。タフだね~。今度東京でブラバンOB会を開く事になった。

翌日は前日に引き続き少し東京のリサーチをしてから福島へ戻る。夕方から「相談がある」という偉い方と会い食事。「こんな方法では?」という方向づけだけはさせていただき、現在そちらへ向けて計画スタート(何の話だかさっぱりわかりませんね~^^もう少し具体的になったらお知らせしますが、3年~5年後に完成させる事業です)

翌日28日最終日は駐車場の集金などをして過ごす。会津へ向かう車中、ものすごい睡魔に襲われ、ずっと寒いような感じがしていた。「飲みすぎか?」「疲れているのか?」まあ、そんな感じだろうと思いながらもなんとか帰り、夕方来客。翌日の3月1日午前、38度の熱を出す。

久しぶりで金曜・土曜・日曜と寝て過ごした。一気に回復したけれど、やはり歳なのかな~。いやいや、27日の夜に真向かいに座った「あなた!」のがうつったのに間違いない。「熱が38度ある」と言っていたし、途中退席したので間違いない^^

そんなこんなの2月の言い訳でした。これからはもっとマメに更新するよう努力します。

東海住宅の上林支店長も「ブログ更新見ました!」のメールサンキューでした。毎度ありがとうございます。

以上

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP