社長のDiary

アメリカ

 

P6150001

“The World is a book, and those who do not travel read only a page”

世界は一冊の本である。旅をしない人は、その最初の1ページしか知らない。

(アウレリウス・アウグスティヌス)

 

写真は成田空港のKALラウンジ。大韓航空のビジネス・ファーストクラスラウンジです。

私の足下にある茶色い鞄はグローブトロッターという、イギリス王室御用達の老舗旅行鞄メーカーのもの。その鞄の箱などに書かれているのが上記のお言葉であります。旅をしなさいとおっしゃられたわけです。

マレーシアで不動産投資をスタートし海外不動産投資の勉強を始め、いよいよ本腰を入れてアメリカへ投資しようと今春決めました。色々研究した結果、我が社にはアメリカへの投資が合う。

6月15日日曜日の朝8時、単身新幹線で成田を目指した。途中、ご近所でお世話になっている太陽堂のご主人に会うと「どこへ行くんですか?」「はい、今からロサンゼルスへ」「ええ!?これから行くんですか!?大変ですねー!!」「・・・・」と言われてしまい、果たして何時に出たらロサンゼルスは大変ではなく楽に行けるのか聞きたかったのだけれど、時間がないのでさよならを言い駅を目指して歩くのでした。今度飲んだ時にでも聞いてみようっと。

 

P6150002

食事は大したものが無いラウンジで、一番美味しかったのは日清のカップラーメンだった^^;

おにぎりもあったけれど、山に登った時くらいしか食べない。ビールは機械にグラスを置き自動で注ぐタイプのもので、生ビールはとても美味しかった。(キリンだけど。アサヒならもっと美味しかっただろうな)グラスも小さかったものだからおかわりしてしまった。

 

P6150003

2時間ほどくつろぎ、ブログを更新し搭乗ゲートへ向かう。歩く歩道も近未来的になってきて、成田も進化しています。

 

P6150004

P6150005

大韓航空は初めてだった。ビジネスは窓3つ分。今一番多いスカイシェルシートっていうやつでしょうか、4月のマレーシア航空と同じシートです。広いので文句無し。

 

P6150006

2×3の横6席。

 

P6150007

 

いよいよ出発。

 

P6150008

 

飛び立つと一度太平洋に出て旋回し、一路韓国の仁川空港を目指します。

 

 

 

P6150011

 

遠くに雪のある山が見えて来たので日本アルプスだと思う。

 

P6150013

 

「ビールはいかがですか?」と1回目は断った。シャンパンじゃないの?と思ったけれど、まだ昼間だし旅は始まったばかりであり、どうしても飲みたいわけでもなかった。もう一度「ビールいかがですか?」と来たので「じゃ、頂きます」というと、こんなビールがきた。どうも、韓国のビールなのか、発泡酒なのか、らしいんだけど、正直美味しくなかった。バドワイザーの甘ったるくないやつかな。

 

 

P6150014

P6150015

 

山間部の都市を抜けて日本海へ出る。

 

P6150016

 

コリアンの昼食はやはりビビンバでした^^     赤ワインはシャトー詰めのしっかりしたもの。

 

P6150017

 

コチュジャンとごま油がついてご飯も入れて混ぜます。

 

P6150018

 

なんだかスープが出て来たのである程度まで飲み(テーブルが狭いし飛行機が揺れたのでこぼれると思った)

 

P6150019

 

コチュジャンとごま油をかけて

 

P6150020

 

ぐちゃぐちゃにします。(聞いたら「混ぜちゃえば!?」みたいな事をCAに韓国語で言われた。)

 

 

 

 

P6150022

 

食事が終わる事には日本海を渡り終え韓国領土上空へ。

 

P6150023

P6150024

 

前回のマレーシア航空といい、今回の大韓航空といい、飛行機を予約すると何か関連した事故が起こる。大韓航空は事故無かったけれど、セオル号の事故があったでしょ?今回も大丈夫かどこかに不安な気持ちがあった。

 

 

 

P6150026

P6150027

P6150028

韓国もなかなか立派ですね。

 

P6150030

P6150031

P6150032

P6150033

 

次第に高度を落として行きます。2時間半だからあっという間です。

 

P6150036

 

ソウル上空からまた海へ出る。仁川は海上の島に作った飛行場で、ソウルから車で45分もかかるのだとか。クアラルンプールも空港まで50分、成田も東京まで50分。

 

 

 

 

P6150037

うっすらと奥に見える橋を渡って韓国の方々は空港と行き来するそうです。

ハブ空港という観点から考えると、シンガポールのチャンギ国際空港は中心地まで20分くらいだからとても便利です。香港も小一時間かかったし、案外どこも不便です。

羽田はこれから発着枠を1.5倍に増やし、2020年過ぎに新しい鉄道ルートを新設し東京まで20分を切るようになるというのだから、いよいよ羽田がハブ空港のなり東京がアジアの金融センターになる準備が進んできました。あとは法人税率の引き下げと規制緩和がどこまで進むのか。ハードとソフトは両方良くないとダメだし、コンテクストとコンテンツも両立が大事です。

 

P6150040

 

いよいよ着陸。

 

P6150041

P6150042

P6150043

隣の席で話相手になっていただいた日本キャタピラーのキャタピラーイーストジャパン株式会社岩田裕二さん。韓国で機械を外注をしたものを確かめに行くとかで、仁川でお別れでした。日本国土開発の事をよくご存知で、上司が佐藤常寿親分を知っているとか、間接的に知り合いが居る事も分かりました。建設業同士は話が早いです。(ああ、私はもう不動産業の方でした)楽しかったなー。またどこかでお会い出来るでしょう。

 

P6150044

 

仁川は立派でした。日本の空港みたい。

 

P6150045

 

時間があるのでノンンビリ写真撮りながらトランジットする。

 

P6150046

 

トランジットもスムーズで、あっと言う間に出発ロビーへ。

 

P6150047

 

なんだか昔の衣装を着て行進していた。

 

P6150048

 

ショッピングモールみたいで大きく立派な空港です。それなのにわかりやすい。日本語の案内もあり、初めてでも大丈夫です。こんなに近くて分かりやすいのに、国同士が分かり合えないなんて不思議だよな。まあ、隣国同士が仲がいい国なんて地球上には無いけれどね。

 

 

P6150049

 

念のため搭乗ゲートを確認。

 

P6150050

P6150051

 

KAL ラウンジは搭乗ゲートのすぐ隣だった。

 

P6150052

 

エスカレーターを上がったラウンジ受付。ここで搭乗券を見せると入れてもらえます。

 

P6150053

 

仁川—LA間は、このA380が就航しています。一度乗ってみたかった。

 

 

 

P6150054

 

トイレは広くて快適なせいか、数が沢山あるのに並んでいます。みんな寛いでしまうんだろうな。

 

P6150055

 

シャワーは順番待ちだった。ボーディングパスと引き換えに鍵が貰えます。鍵を返すとボーディングパスを返して貰えます。これなら鍵の紛失は無い。

 

 

P6150056

 

こんな感じ。もう、夕方になってきた。

 

 

P6150057

 

いよいよ呼び出しがあり、LAX行きに乗り込みます。

 

P6150058

 

総2階建ての飛行機。デカいでしょ?でっかいエンジン4発も付いてるし、タイヤは何本も付いてるし、世界最大の航空機です。

 

P6150059

 

ビジネスとファーストクラスは全て2階の席です。2×3で、大きいからゆとりがあります。

 

P6150060

 

一番後ろにはこんなくつろぎスペースも。

 

P6150061

 

私の席はこちら。成田で窓際を頼むと、仁川→LAXも席を取ってくれた。

 

P6150062

 

さすが、鞄や本、カメラなど余裕で入る収納が2つ付いています。窓が遠い。

 

P6150063

 

靴も脱いで、リラックスタイム。このクロックスのデッキシューズが軽い、かわいい、水の中もOKの優れもので、ジャケットなんか着てもなんとか合わせられるので、旅には欠かせないアイテムです。

 

P6150064

いよいよ出発です。乗客はまばらで、真ん中の2人掛けには人が居なくて、両派時の窓側にだけ1つ開けくらいで座っている。今の時期は家族連れは少なく、みんな商用での移動なのだろう。

 

 

P6150066

 

慌てて撮ったので写ってないと思いますが、こちらと同時に隣の滑走路から飛び立つ飛行機があり、平行して上昇していた。危ないですよ。あっちの飛行機が左旋回して行ったので難を逃れた。(ホッ)

 

P6150067

 

窓が2重なのと、室内が明るいので飛行中の写真はイマイチですがソウルの夜景です。

 

P6150068

 

羽根の後ろの席だから眺めを遮られるね。通常のビジネスは羽根の前にあるけれど、2階全部がそうなっているんだからしょうがないです。

 

 

P6150069

 

上昇すると地平線がまだ夕焼けていた。

 

 

P6150071

 

上昇する程太陽の光が増し明るくなる。

 

P6150072

 

せっかく日本から来たのにまた日本上空を逆戻り。

 

 

P6150074

 

いわき上空じゃん。先週その辺りで仕事してたよ。

 

P6150075

 

というわけで、いわき上空あたりで食事の準備が始まりました。昼にビビンバ食べて、仁川のKALラウンジでつまみながら飲んでいたのにそのまま夕食突入。サーモンのつまみ美味しかった。

 

P6150076

 

さすが、夜の長距離路線はコースで出てきました。今日初のシャンパンもご機嫌です。エビもプリプリ。何だかさっき見たような調味料が左にあるのが気になった。

 

P6150077

 

いらっしゃいませ。今日2回目のビビンバ様。

 

P6150078

 

作り方は慣れていますよ。漬け物もみんなぶち込んで

 

P6150079

 

はいー!混ぜると完成!(^^)!

でもさすがは本場。仁川発の飛行機で食べたビビンバはすんごく美味かった。さすが本場です。ソウルのレストランで食べたらもっと美味しいんだろうな。

 

P6150080

 

デザート

 

 

P6150081

 

食事が終わると、ドリフで加藤茶が出てきそうな照明になる。頭の中には「ちょっとだけよ」と、あの音楽と、かとちゃんのヅラが浮かんできた^^;

ドリフが始まる頃、子供はもう、お休みの時間と昔から日本では決まっています。おやすみなさい。

 

 

 

P6160082

 

太陽が来る方向に向かって進むわけで、時差はマイナス17時間。どーゆーことか分からないけれど、目が覚めるともう朝焼けになっていた。どのくらいウトウトしていたのだろう。寝ながら起きて、起きながら寝ていた。

公には日付が15日のままだけど、カメラは位置情報とか変更しなかったので日本時間の日付けで表示されている。1日経ったのにまだ同じ日のままと言い張る世界時計。

とにかく、15年ぶりのロサンゼルスは確実に近づいている。いったいどんな旅になるのだろう。前回は入国審査を全く覚えていないので、911テロの後のアメリカはどのくらい入国審査が厳しいのかも分からないし、不安な気持ちのままLAXに向かう。初めての国や、入国審査を覚えていない国はやっぱりガイドさんがいる旅の方が安心だろうな。ここ数年、そんな旅はもうほとんどした事がない。

 

つづく

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP