社長のDiary

イギリス5

Isle of Wight

ワイト島

 

最初はホワイト島と聞こえていて、どんな白い島なのよ??と、勘違いしていた。知識の無いと言う事は恥ずべき事である。

 

英語を読むと アイル オブ ワイト となる。

 

旅の仲間から、「面白い投資になるかもしれない。是非行きたい」と、日本に居るうちから話を聞いていた。

ロンドンの南南西にある島である。大きな地図で見ればくっ付いていると勘違いしてしまうほど近い。

 

 

P9010827

 

ロンドンで初めて乗るレンタカーをMr.Kが運転してくれて、高速を南下する。

快晴!!快晴!!

イギリスで雨が全く降らない^^

 

 

P9010828

 

途中パーキングに立ち寄る。

 

 

P9010829

 

広くて

 

P9010830

 

洒落た感じの室内

 

 

P9010831

 

ゲームコーナーまである。

これじゃあ目的地へ辿り着けない^^;

 

 

P9010832

リミントンの港へ向かう高速を降りると、都市というよりは村のような所に入ったんだけど、

 

 

P9010833

のんびりしていそうでなかなか雰囲気がいい。

 

 

P9010834

写真は撮れなかったんだけれどフェラーリの販売店まであった。

こんな田舎にどうしてフェラーリが!?

イギリスという国が解らなくなる。

 

 

 

P9010836

 

鉄道の終着駅のようだった。

という事は、この街はもう、リミントンだったんだ。

 

 

 

P9010837

 

てなわけで。

フェリーに乗る車列に並ぶ旅姿三人衆。

リミントンの港からワイト島のヤーマスの港を目指す。

 

 

P9010838

ワイト島からこちら側へ到着し、下船する車列が終わるのを松。

 

 

P9010839

ここは

 

P9010840

なかなかのヨットハーバーなんだな。ロンドンから電車でも1時間半だからとても近い。

 

 

P9010841

乗船。

先頭のど真ん中のソファー席を陣取る。

 

 

P9010842

船室は高い所にあり眺めがいい。

 

 

P9010843

航路の両脇に小さな舟が繋がれていて、その間を通る。

ゆっくりしたスピードで個人の舟が数艇港外を目指していた。

小さな赤いヨットは何度もタックを繰り返し少し先をジグザグに進む。

 

 

P9010844

 

港外に出た。

 

 

P9010845

 

モーターボートが軽快なエンジン音と共にスイッと抜いていく。

 

 

P9010846

 

所要時間は1時間。半分は港内をノンビリ走る時間で、この小さな海峡を走る時間は30分と少しだった。

 

 

P9010847

こーゆー所のヨットは安全だし、風もあり、島を1周する(とんでもなくでかい島だったので数日掛かると思われる)セイリングなんかも楽しそうである。

 

 

P9010848

ワイト島に近づく。

 

 

P9010849

間も無く到着を知らせる放送があり

全員で車に乗り込み一緒に下船する。

 

 

P9010850

ワイト島に上陸!!

 

 

 

P9010852

P9010853

P9010854

P9010855

港に繁華街は無く、そのまま車を走らせた。

 

 

 

P9010856

 

ちょっとした住宅街を過ぎると

 

 

P9010857

P9010858

 

草原が続く。

 

 

 

P9010859

P9010860

景勝地のニードルズに到着。

ここでなら食事ができるんじゃないかという事で来てみた。

 

 

 

P9010862

P9010863

めっちゃ混んでる。

 

 

P9010864

ガラス工房があったり。

 

 

P9010865

家族連れで賑わっていた。

 

 

 

P9010867

P9010868

 

平和

 

 

P9010869

 

ちょっとした遊具もある。

 

 

 

P9010870

レストランみたいな所があったけれど、学食みたいな、コンビニ(の棚)みたいな雰囲気で、あまり美味しそうではなく、期待も出来ないので別の場所を探すことにした。

 

 

 

P9010871

車は満車。

 

 

 

P9010872

あんな丘をトレッキングしてみたいものです。

今度は遊びで来てみたい。

 

 

パブを探そうという事になり、「こんな所にパブなんてある??」と聞くと、イギリスプロの二人は「パブくらいは絶対にあるでしょ」と、自分には理解出来ない自信を示していた。

うーむ。この国がよく解らない。パブとは、どーゆー基準で設置されていくのだろうか??

住宅も無いような場所にあんの??ホントに??

 

 

 

P9010873

あった–;(汗)

 

 

IMG_7293

しかもこんな美しい海沿いのパブ。

パブっておじさんたちが集う、女性やよそ者は入れないような店をイメージしてきたけれど、

 

 

 

P9010874

こんなにオシャレな「Water Front」という、わかりやすい名前のパブだった。

 

 

 

P9010875

こんな海の前で

 

 

P9010876

こんな家族連れの

 

 

P9010877

パブだった。

 

 

P9010878

素敵でしょ??

 

 

 

P9010879

メニュー

 

 

 

 

P9010881

Mr.Kから「須藤社長、パブで飲む本物のビールに挑戦してみませんか?」との提案があり、「挑戦しましょう」という事で。

出てきたのが常温のビール。

Y氏はあまり酒が強くなく、好きでもないようで、初日の先輩の焼き鳥店以外は常にジュースを飲んでいた。

 

ところが、この常温のビールがなかなかイケるのですよ。

ヌルいビールを飲むなんて、アメリカ人と中国人だけだと思っていたら、イギリス人も同じ習慣があり、しかも、たまたまイギリスを訪れた日本人まで虜にしてしまう恐ろしいヌルいビール。

これねー、この苦味の強いパンチのあるビールだからヌルいのも合うのだと思う。バドワイザーだったら絶対に飲めん。

 

 

 

P9010882

海は美しいし。

 

 

P9010883

ビールは美味いし。

お代わりしちゃった。

料理が出てくるの遅いんだわ。

 

 

 

P9010884

ボートで来てパブで食事しているらしい。

おシャレ。

 

 

P9010885

もう一つ、私を虜にしてしまったフィッシュ&チップス。

何度食べても美味しい。

どこで食べても味にブレが無い。

逆に言えば、ブレようがない食べ物なのだろうか・・・

 

 

 

 

P9010886

Yさんはいつものハンバーガー。

昼にハンバーガー以外を食べる所を見た事がない。

 

 

 

P9010887

Kさんはサカナ

 

 

 

P9010888

一応、このパブのトイレも記念に。

 

 

 

P9010889

美味しかった。美しかった。楽しかった思い出のパブ。

また行きたいものだなあ〜

 

 

 

 

 

P9010892

現場に到着。

 

 

 

IMG_7294

P9010893

 

リゾートハウスというのだろうか、ホテルでもない。

 

 

 

P9010894

 

あの先に何かを感じる。引かれる感じがした。

 

 

 

P9010895

 

屋内プールがあったり

 

 

 

P9010896

 

ちょっとしたアイスクリームを売る冷蔵庫があったり

管理棟には管理人の女性がいた。

ロンドンからこちらへ来ているのだという。(通勤は無理。住み込みです)

 

 

 

 

 

P9010897

 

こんな家がたくさんある。

1棟ごとに大家が居て所有している。

 

 

 

P9010898

 

外にジャグジーがあるそうです。

マッパで行くのは如何なものかと考えていたんだけど、こちらは水着着るよね^^;

 

 

P9010899

P9010900

P9010901

P9010902

P9010903

 

こじんまりとしているけれど清潔な室内。

 

 

P9010904

P9010905

P9010906

 

庭は目隠しになっている。

 

 

 

P9010907

 

ビーチへ出る裏道があると教えてもらい、この鉄格子??から出る事が出来る。

暗証番号で鍵が開く。

 

 

 

P9010908

 

木に覆われた素敵な通路を歩いていく。

 

 

P9010909

 

さっき通った道路に出た。

 

 

P9010910

 

名前がいい。

 

 

 

P9010911

 

このバンガローは海の目の前にある。

日本のバンガローと違ってオシャレじゃないか。

 

 

 

P9010912

 

向かい合って

 

 

P9010913

P9010914

 

小さなショップが2軒あった。

 

 

P9010915

 

このマグナムってアイスはシンガポールでよく食べていた。

本場はイギリスなんだな。

 

 

 

P9010916

 

美しい。

 

 

IMG_7295

 

イギリスの海って暗くて黒いイメージだったのに驚いた。

 

 

 

P9010917

 

このバーではみんな昼から酔っ払っていた^^

案外イギリス人ハッピーなんだよなぁ〜

夏を惜しんでいるのだろう。

 

 

P9010918

P9010919

 

海沿いに歩いていくと・・・

 

 

 

IMG_7296

 

ズラリと物置みたいな物が並んでいる。

 

 

 

P9010920

 

このコンテナ(物置?)を1つずつ売り出したりレンタルしたりしているそうです。

扉を開いて中でのんびりしている老人を見かけた。

トイレや水道は無い。

 

 

 

P9010921

 

砲台の跡だろうか。古い構造物だ。

 

 

 

P9010922

P9010923

 

美しい。あの岬がさっきまで居たニードルズ。

 

 

P9010924

 

のんびりしている。日帰りするのが勿体ない。

 

 

 

P9010925

 

絵葉書の言う通りです。

 

 

 

P9010926

 

子供向けの遊具がポツンと置いてあった。

 

 

 

P9010927

P9010928

 

地図には記載されていないけれど、この辺りLONGBEACHというのだろうか?

アメリカばかりじゃないんだわ。

 

 

P9010929

 

古そうな建物もある。

 

 

P9010930

 

ステキな道を戻る。

 

 

P9010931

 

柳の木って、イギリスにもあんの??

 

ここのリゾート住宅はあまりピンと来なかった。

 

かえって、海の見える古い屋敷とかの方に興味がある。

 

 

さっきの気になる方へ行ってみようという事になった。

 

 

 

IMG_7297

 

驚いた。

古い城壁のような物を発見した。

 

 

IMG_7298

 

A.D1863年。

江戸末期、明治維新の少し前の建造物のようだ。坂本龍馬がまだ生きていた頃だ。スゴイ!!

こーゆーのが付いている土地が欲しいよなぁ〜

 

 

P9010932

 

門の隙間から中を覗くと更地になっていた。

売ってくれないの??

即買いします。

 

 

 

P9010933

P9010934

 

いい島ですよ。

 

 

 

P9010935

 

海が見える家に住むのが夢だった。

海が見える物件は持っているけれど、どれも賃貸物件で貸しているので自分は相変わらず吾妻山を見て暮らしている。

 

 

 

P9010936

 

この家は売れちゃったそうで、惜しいですね。

 

 

IMG_7299

 

車で移動し、島を1周してみようという事になった。

こんな絶景に出会う。

 

 

IMG_7300

P9010937

 

島の南側はこんな絶景だった。大西洋だよね。

自分は今までの大西洋を見た事があったのか??初めてなのか??

 

 

 

 

P9010938

P9010939

P9010940

P9010941

 

もう、絵画だよね。

 

 

 

P9010946

 

P9010948

 

飼料用だと思うけどトウモロコシが育てられていた。

 

 

 

P9010949

 

P9010951

 

ヒツジが沢山居た。

 

 

P9010952

 

P9010954

 

カーズ2に出てきたのと同じような農業用のでっかい機械。

 

 

P9010955

 

売り物件を見つける。

 

 

P9010956

海の前の一軒家、欲しい。

 

 

P9010957

 

電話してみましょ!

 

 

 

P9010959

 

かなり古い教会があった。

 

 

 

 

 

P9020962

 

住宅地に入る。

 

 

 

 

 

P9020965

 

ラグビーやっていた。

 

 

P9020966

 

島で初めて出会った信号。

 

 

IMG_7302

 

高台に出た。

 

 

 

P9020967

 

眼下に広がるのはBRADING DOWNという景勝地のようです。

 

 

P9020968

 

イギリスらしい風景だと、Yさんが言う。

 

 

P9020969

P9020970

 

海にはでっかい船が停泊していた。

 

 

P9020971

P9020972

 

赤い2両編成の電車が走っていた。

ロンドンの地下鉄に使っていた車両をこちらで利用しているそうです。

 

 

P9020973

 

 

P9020976

P9020977

 

これってパブなんだって。

見るとわかるそうです。自分にはただの古い建物にしか見えない。

イギリスプロはさすが違う。

 

 

P9020978

 

スズキキャリーの1300ccって見たの初めてなんですけど。

黄色いナンバーだから、軽自動車に見えちゃう。

サイズも軽自動車のスズキキャリーよりも大きくてなんとなくアンバランス。なんだか可愛いい車だった。

 

 

 

 

P9020980

 

ちょっとトイレを借りに。

地元の人で賑わっている小さなスーパーだった。

 

 

P9020981

 

ニューポートの中心部。

 

 

P9020982

 

ニューポートのギルドホール。

古い街並みが続く。

 

 

P9020983

 

サーカスがきていた。

 

 

P9020984

 

オズボーンハウスへ。

 

 

 

P9020985

 

ヴィクトリア女王と夫アルバート公の別荘だった建物。

女王はここオズボーンハウスにて82歳で亡くなったそうです。

美しい建物と庭園、内装で、第2次世界大戦の時、ヒットラーはここだけは攻撃するなと軍へ命令していた。

 

 

 

P9020986

 

帰りの船の時間が迫ってきており、料金を払って中に入るのは諦め、ショップ(写真の建物)にだけ寄ってきた。

遊びでゆっくりと見に来てみたいものです。

 

 

P9020987

 

トイレも歴史的な建物なのだろうか??

 

 

 

オズボーンハウスを後にしてピアヘッドの港に到着する。

 

P9020989

 

順番に並んでいる。

 

 

P9020990

 

次の船だったんだけれど、ギリギリ1本前の船に入れた。

 

P9020991

P9020992

 

洒落た船内。

 

 

 

P9020993

 

1時間だけどみなさん各々楽しそうだった。

 

 

P9020994

 

でっかい客船が沖へ向かう。

 

 

P9020995

P9020996

 

また別の客船が近づいてきた。

これから旅に出るのかな。

こちらも満足な旅をしているので、豪華客船が羨ましいとは思わなかった。

 

 

 

P9020997

 

ワイト島へ向かう船とすれ違う。

 

 

 

IMG_7303

日が西に傾いていた。

素晴らしい1日が終わろうとしている。

 

 

P9020998

 

豪華客船のみなさんも良い旅をして欲しい。

自分は太平洋フェリーと日本海フェリーに毎月乗っているので、案外船旅には満足している^^

 

 

 

P9020999

 

ポーツマスの街が見えてきた。

 

 

 

P9021000

 

カッコいいタワーなんかもある。スピンネーカー・タワーという。

アウトレットモールに立っているタワーで170mあるそうです。

 

 

 

 

P9021001

 

ポーツマスは15世紀末に王立造船所が出来、イギリスの軍港として発展してきた街。

文豪チャールズ・ディケンズはここポーツマスで1812年に生まれたそうです。

 

 

P9021002

 

小さな高速艇に抜かされた。

やはり、船も抜かされるとちょっと悔しい。

 

 

 

P9021003

 

なんだかスゲー音がしてきて、振り向くと

 

 

 

P9021004

 

ホバークラフトだった。

実物は初めて見たかもしれない。

 

 

P9021005

 

ホントに水陸両用なんだ。

 

 

 

P9021006

 

んー、これは乗ってみたいです。

 

 

P9021007

P9021008

P9021009

 

なんだか豪華客船がジャンジャン来る。

やっぱりイギリスすごいです。

 

 

P9021010

 

初めて見る車。

なんてメーカーなんだろ??

 

 

P9021011

 

古いねー。

 

 

P9021012

P9021013

 

高速を西へ向かう。

太陽が傾く。

 

 

 

P9021014

P9021018

 

飛行機が飛んでいて、

 

 

P9021019

 

もうヒースロー空港の近くまで戻って来ていた。

 

 

 

P9021020

 

日が沈む。

 

 

P9021021

P9021022

 

空港の緑地はヒツジを飼っており、除草用に飼育しているようだった。

 

 

 

P9021023

 

うちの発電所ではヤギを飼って除草しているけれど、ヒースローはヒツジだった。

思いは一緒のようです。

 

 

 

P9021025

 

まあでも、

 

 

P9021026

 

うちのヤギもヒースローのヒツジも幸せな方だと思うけど。放し飼いで、かなり自由に暮らしている。

 

 

 

P9021028

 

ロンドンに戻り、

 

 

P9021029

 

インドの方々が多い地域へ。

 

 

 

P9021030

 

「さくらどう」なので、日本の店かと思ったら

 

 

P9021031

 

インド人が経営しているようだった。

しかもこのマーク、シェラトンホテルのマークによく似ているけれど、大丈夫なの??

 

 

 

P9021033

 

今夜もカレーです。

 

 

 

P9021034

 

このソースが美味しい。

 

 

 

P9021035

 

ナンに乗せて食べます。

 

 

 

P9021036

 

美味しい

 

 

P9021037

 

カレーたち

 

 

P9021038

やっぱりイギリスは美味しい^^

 

イギリス大好きです。

 

つづく

 

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP