社長のDiary

コタ キナバル

2011年8月9日、南沢又分譲地8区画の残金決済を終え、昼にタクシーを呼び、JR福島駅へ。

やっと、久しぶりで休みがとれた。しかも、長期まではいかないけれど、中期の休みである。

1年越しの福島駅前24パーキングとビル3棟、店舗3棟の買収(岡さんには根気強く本当にお世話になった。)契約から完成までやはり1年を要した南沢又分譲地14区画、上浜町の大型土地建物の購入から完全な引渡しには半年がかかり、いろいろな物事が完結した6月に今回の旅を選んだ。

インターネットでシャングリラホテルを検索していたら、「Shangri-La`s Tanjung Aru Resort & Spa」を見付け、以前フィジーのシャングリラホテルで大満足している私は、迷うことなく「ここ!!」と、決めた。しかも、14日以上宿泊の場合には、25%オフ。一般の客室とスイートの間に位置する「キナバルクラブルーム」を選ぶと、毎日の朝食が付いていて、他にもキナバルクラブという、キナバルクラブルーム宿泊者専用のラウンジがあり、ジュースやコーヒー、お茶など、いつでも飲めるし、夕方5時からはアルコールと軽食が飲み放題食べ放題という、私にはうってつけの条件であり、宿泊費が一人7000円くらいということで、さすがマレーシア、至れり尽くせりである。

9日は、羽田のエクセル東急に前泊。滑走路側の、広くてきれいな部屋だった。

目の前にはポケモンの飛行機が停まっているし。

ポケモンが飛んで行くと、ランドのけんちゃんが好きそうな、昔のデザインの全日空機が入ってきたりする部屋だった。全日空は遊び心があって楽しい会社です。

ホテル直結の第2ターミナル(国内線)では、ポケモン祭りみたいなのをやっていて、ゲームに参加するとポケモンのトイレットペーパーが貰えたんだけど、地下にあるコカコーラの喫茶店へ手に持ったまま入ると、斜め向かいの女性にぷッ!と笑われてしまった。^^そりゃそーだわ。

夕食はホテル2階のフライヤーズテーブルでステーキを頂き、

遠くに東京タワーを眺めながら、いい空間で、素晴らしい旅の1日目を過ごす事が出来たのでした。しかし、旅はもう計画した時から始まっているから、もう1ヶ月半も旅をしている途中というところでしょうか。

雲は一直線に明暗が分かれていた。

部屋に戻ると別のポケモン機が到着していた。一体何機塗装したんだ??もう5機以上見ているけど。飛行機の全塗装には1機1億かかるそうだけど・・・

つづく

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP