社長のDiary

一切経山あたりをうろつく日々

P8030001

 

今年の7月、8月は一切経山に何度か出かけました。久しぶりでアルプスに登るため、トレーニングです。

 

 

P8030002

 

浄土平の駐車場に車を停め、鎌沼方面を目指す。あの木の生えていない山が一切経山で、頂上は奥にあります。

 

P8030003

 

 

7月には一度、雷にあったけれど、大体は朝、窓を開けて山が見えれば登るので雨にやられる事もない。

 

P8030004

 

 

水蒸気が吹き出しているけれど、日によって大きく吹き出している時と、あまり出ていない時がある。

 

 

P8030005

 

 

登り始めて振り返ると吾妻小富士が見えます。

 

 

P8030007

 

 

次第に高度を上げていきます。

 

 

 

P8030010

 

 

結構週末は人が多いのです。足慣らしにちょうど良く、軽装で登れる。頂上まで1時間ちょっと。人気がある。

 

P8030011

 

登り切ると鎌沼が見えてくる。鎌沼まで行かないで右折すれば一切経方面になる。以前は最初から禿山のガレ場を直登したものですが、水蒸気の有毒ガスの濃度が強まったとかで、そのルートは現在閉鎖中。

 

 

P8030012

 

一切経山方面へ高度を上げていくと鎌沼を中心に雄大な吾妻連邦の姿が見えてきます。とても好きな山の一つです。

 

P8030013

 

いい雲です。

 

 

P8030014

P8030015

 

P8030017

 

一切経山の稜線まで来ると吾妻小富士が下に見えてきます。

 

 

P8030018

P8030019

P8030020

 

これは西吾妻山かな。

 

 

P8030021

 

一切経山の頂上に到着すると、北側に魔女の瞳と呼ばれる五色沼(裏磐梯のものとは別物)が見える。

左奥の山が家形山。麓から見ると家の屋根のように見えます。五色沼の畔を歩き、家形山を登り西へ進めば翌日には西吾妻山まで行ける。2回行ったな。

 

 

P8030022

P8030023

P8030024

P8030025

 

太陽光の加減によって色が変わる。いつまで見ていても飽きない。

 

 

P8030026

 

 

とは言っても、トレーニングなので歩かなければ。

 

P8030027

一気にガスったりもします。

 

P8030029

P8030030

P8030031

 

 

山の天気は変わりやすい。

 

P8030032

 

 

ほらね。もう晴れたでしょ^^

 

P8030033

 

 

遠くに磐梯山が見える。

 

P8030034

P8030035

P8030036

 

 

徐々に高度を下げ、鎌沼を目指す。

 

P8030037

 

 

花も咲いているけれど、名前はわからない。覚える気にもならない。

 

P8030038

 

 

鎌沼。鎌の刃の形をしている。

 

P8030039

P8030040

P8030041

 

 

初めて来たのは中学校の登山で東吾妻山を登った時だと思うけれど、よく覚えているのは、奥穂高から北穂高ー大キレットー槍ヶ岳への縦走をする時だったか、今回と同じ立山から剱岳へ縦走する時だったか、伊東設計の伊東先生に連れて来ていただいたのが記憶に残る鎌沼周辺で、あの頃はこんな木道やベンチがしっかりしていたと思うけれど、すっかり痛んでいた。

 

P8030042

P8030043

P8030044

P8030045

 

鎌沼沿いに歩を進め、振り返ると一切経山が小さくなっていた。

 

P8030046

P8030047

 

 

この辺りまで来るのは久しぶりだった。

 

P8030048

P8030049

 

 

正面が東吾妻山。樹林に覆われた静かな山です。(眺めが悪く人気がない)

 

P8030050

 

 

チングルマも咲き終わった。夏です。

 

P8030051

 

 

P8030052

 

 

P8030053

 

草が生い茂っている登山ルートを行く。

 

 

P8030054

 

この辺りで木の切り株に膝の下を思いっきりぶつけ、歩行困難に陥る。弁慶の笑い所。イテーのなんのって、イテーのよ。でも、歩いた。

 

 

P8030055

P8030056

 

 

眺めが悪くて、途中はつまらない山なんですけど。トレーニングだからさ。

 

P8030057

 

やっと森林限界を超えた。

 

P8030058

 

このガレ場を登り切れば頂上です。

 

P8030059

 

山と雲と空のコントラストがたまらない。やっぱり夏だなー。

 

 

P8030060

 

裏磐梯の湖沼が見えてきた。

 

P8030061

P8030062

P8030063

 

 

頂上が見えてきた。

 

P8030064

 

雲に力がある。

 

P8030065

 

頂上到着。

 

 

P8030066

P8030067

P8030068

 

念のため、360度撮影してみた。(興味がある方は現像してつなげてみてください。)

 

P8030069

 

なんか一か所だけ草が生えていた。

 

P8030070

 

 

頂上らしい。読めない。

 

 

P8030071

 

 

いい天気だねー。

 

P8030072

P8030073

 

一切経が遠く小さく見える。

 

 

P8030074

P8030075

 

あそこには立派な山小屋があり、脇には綺麗な川が流れている。魚釣れるんだろうなー。久しく行っていないけど。谷地平だったかな。遠いんだよね。

 

 

 

P8030077

 

一人ぼっちでカップラーメンなどをすすり、夕方になってきたので一人下山する。昼ご飯を食べるの忘れていた。(トレーニングに集中していたのだ)

 

 

P8030078

 

 

またもや樹林帯に入る。つまらないからカメラはしまった。

 

 

P8030079

 

 

つまらない所を抜けて、下り切ると木道がある。景色が良くなったのでカメラを出した。

 

P8030080

 

 

振り返ると日は西へ傾いていた。太陽を背に歩く。

 

P8030081

P8030082

 

 

これは鎌沼一周コースで、登山時と下山時で違うルートを歩ける。

 

P8030083

P8030084

 

 

いよいよ、鎌沼ともお別れ。ここから浄土平へ向け下り始めます。

 

P8030085

 

 

鎌沼からの流れ。

 

 

P8030086

P8030087

 

アジアへ向かうとあんな雲が飛行機を出迎えてくれる。日本の夏も同じような雲に囲まれている事に気付く。懐かしいな。

 

 

P8030088

P8030089

 

遠くクアラルンプールなどを思い出していたら、飛行機が頭上を飛んでいた。

 

 

P8030090

P8030091

 

あれれ、水蒸気が随分と多く出ていますね。爆発するのか??

 

P8030092

P8030093

 

下り切るとあっという間に曇ってきた。こーゆー事、よくあるんだよね。車についたら雨が降るとか。天気も味方してくれているようですよ。

ぶじ、浄土平に到着。

 

 

P8030094

 

鎌沼方面は雲に覆われてきた。

 

 

P8030095

 

一切経は完全に隠れてしまった。

 

 

 

P8030096

 

帰りの車中から、福島市内が晴れてよく見えていたので車を停めてみた。

 

 

 

P8030098

 

信夫山を中心になかなか立派な街なんだよなー。大したものだ。

 

4回目の一切経山トレーニングを終え、立山縦走への準備は整った。

 

おわり

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP