社長のDiary

冬休み企画 須藤淳一 修験者になるの巻 その1(2020年冬の旅)

1B6199A2-E146-403E-A84C-7C25EAE474CB

偶然、繁盛している須藤さんを発見!!

 

※上の写真と本文は関係がありません。

 

拝啓

親愛なる読者諸兄諸姉様

 

いよいよ私にも修行へ行かなければならない時が来てしまいました。

修行・・・

修行のような登山を数十年続け、

修行のような仕事を数十年続け、

修行のようなダイエットを数十年続け、(上昇気流に乗ったまま)

私の日々は修行の連続なのであります。

敬具

 

 

 

てなわけで。

今回の修行は「JAL修行」

な〜んだ。飛行機に乗るのかい!!と思ったそこのあなた!!

これは本当の修行です。

4日間の修行を終えた今、その日々をお伝えしましょう。

ほんと、辛いんだ

 

 

 

旅は2020年11月25日に始まった。

 

話は前後するけど、各航空会社は航空連合(アライアンス)に加盟している。

JALはワンワールド

ANAはスターアライアンス

その他、大韓航空やデルタ航空などが所属するスカイチームがある。

日本を起点に国内、海外を旅しようと思うと、どうしてもアライアンスを考えて旅する事になる。

そうなれば、日本の二大航空会社、ANAとJALの上級会員カードを所持していないと、意外と不便なのである。

スカイチームで言うと、乗ったことがあるのはデルタ航空、ガルーダインドネシア航空、コリアン航空くらいであり、メジャーなところで言うとエールフランス(フランスにはイギリス経由でもロシア経由でも行けるのと、CAさんが高飛車との噂を聞きビビっているので多分乗らない)、チャイナエアライン(絶対乗らない)がある。スカイチームのの航空会社に全く乗らないわけでは無いけれど、行き先は海外だし、その時はビジネスクラスに乗れば事前改札、荷物の重量制限、待ち時間のラウンジ利用などのサービスがあり、悩みは解消されるので別にどうって事はないんだ。

上記3つの悩み「事前改札」「荷物の重量制限」「待ち時間のラウンジ利用」の他にも、「航空会社のチェックインと保安検査場の優先レーン」これは混んでいて、アメリカで乗り遅れた事があるし(日本では「◯◯時発の◯◯行きの◯◯さ〜ん!!」と声をかけてくれ、優先してくれるので、まず乗り遅れることはない)、手荷物を預けた場合、上級会員だとターンテーブルから先に出てくるし、優先搭乗出来ると、棚がいっぱいで荷物が入らないなんて事もないし、自分はほとんど窓側を選ぶので、先に座っていた方が実にスマートである、などなど、上級会員になるだけで、解消される悩みが沢山あるんだわ。

で、昨年は無事、ANAの上級会員、「ANA Platinum」になり、「スーパーフライヤーズカード」を取得したので、一生もののスターアライアンスゴールド会員になれたのである。スターアライアンス加盟の航空会社に乗るのであれば、世界中でゴールド会員資格があり、優先レーン、優先搭乗、ラウンジ利用などの特典を受けられる。(勿論エコノミークラスでも)

スカイチームでいえば、デルタアメックスカード会員になれば、スカイチームゴールドの資格が与えられるので簡単なものだから、残るはJALだったんだわ^^

今年の2月にアメリカを旅し、その後北海道へは船でばかり出張していたので、飛行機にはあまり乗っていなかったんだけど(行ったのは沖縄、大阪くらいかな?)マイルに関しては必要な50000マイルを余裕で超えており、あと必要なのはJALの「フライオンポイント」50000ポイントを達成するか、トータル50回飛行機に乗るか(この回数でクリア出来る制度はANAには無い)の選択だった。

今年飛行機に乗った回数は16回、フライオンポイントは29000ポイント弱くらい。マイルは達成。

あと34回飛行機に乗る事を考えると容易では無かった。

「アイランドホッピングツアー」という、沖縄の離島を1泊2日で16回飛ぶツアーがあったんだけど、32回を4日間で飛ぼうと思うと、ツアーに連続した空席が年内はもう無い。つまり、かなり人気がある。これだと、仙台からどこかを経由して那覇へ入れば、行き帰りを含めて6日間要する事になる。

師走を前に約1週間を費やすわけにも行かず、フライオンポイント21000ポイント強を3泊4日くらいでGET出来る方法を模索していくと、行き先は沖縄しか無い事がわかった。

それに、琉球銀行の通帳を約1年間記帳していなかった^^;

先日も「宮古島の土地を7億円で購入しませんか??」と言われたけれど、宮古島の位置が分からない。行った事がない。

こんなんで、沖縄に会社がありますなんて言っていられなかった。ついでに色々と学べるんじゃないか!?

前向きな私はどんどん良い方向にばかり考えてしまうのであります。

 

 

AFC923A0-B651-4751-8165-E50B40334359

てなわけで。

仙台空港へは新幹線と空港線を使い1時間弱で到着。

航空会社のチェックインカウンターも保安検査場も開店ガラガラだった。

 

 

481CE608-F8FD-4988-A121-4F468AA99B1D

クラスJの1Aの席を予約しておいた。

一番前の左側の座席です。

 

 

 

D8067888-2624-4FD8-B875-B539828370CC

エンブラエル社のエンブラエル190という飛行機で、ブラジルの会社だそうです。

 

 

 

 

27F4E599-6BCC-4D4E-B79C-0B4EDFD51CFB

滑走路に入る。

 

 

F5F41F2E-C4DA-4918-B366-E8C72DD6FE96

軽々と離陸。

行ってきます。

 

 

C3E5D86B-D358-4431-BEF4-03F39F04242D

雲が秋らしい。

 

 

FF2305E9-A99E-4773-88CF-3F310923E7A5

5B05E0CE-9FE3-4A09-BCB6-105DF472A88A

上昇すると雲海が広がっていた。

 

 

 

2BA687C5-6165-4552-BF04-660C71FB3FFB

前回、伊勢神宮へ行った時は、紙パックの「おーいお茶」が出てきたんだけど、つい先日から飲み物サービスが始まったそうです。航空各社はコーヒーに力を入れているのでとても美味しい^^

 

 

 

7381E218-B32F-428E-AED1-E32E848B8ED4

機長のアナウンスがあり、「富士山が見える」と。

 

 

50365824-E7FE-4930-8ABC-8813B3E7A965

A4A9126B-DE77-4623-A4AF-EF420AC56D5F

美しいですね〜

こんなに雲があるのに麓の方まで見えているなんてとても不思議だった。

わざわざ顔を出してくれたような風景です。

 

 

 

E859BD66-203A-4133-AC75-B59871B5F4EF

0CC8DE8D-400E-41B2-BEA5-20F251BC1A51

A29208DA-5DAC-428D-860A-359BA4ECF506

手前側には街並みが見える。

 

 

413A317F-2F88-4A61-A2D8-A6B88CE9852C

左に旋回すると頂上は雲に隠れてしまった。

 

 

 

 

23166FB5-A6F1-4164-9197-5DCE0A8577F6

右上にUFOのような光が!!

 

 

17927D57-E243-42B0-B2DC-468F2A1E6FA4

270度くらいぐるりと見せていただきました。

西へ向かう飛行機は絶対にシート番号Aの座席を予約しましょう^^

 

 

 

9854A331-5AE6-45BC-86C4-1C71E0CC1E02

F8E419FC-D6B9-4BCA-82E5-4A92B9F4F1BA

雲に穴が空いているように見えた。

 

 

 

9829A00E-4E7E-43CC-ADCB-419C5DE70B81

次第に高度を落とし、雲に近づいて行く。

 

 

 

CEC7CFAC-9D1F-49ED-BC4F-C022774D01D5

大阪は厚い雲に覆われていた。

 

 

D2A62B18-0CB2-4A4F-BF5B-3A4AC58F6AAE

9DFAB9A6-33DB-483B-96F5-A7422F639EF1

大阪城周辺。

 

 

 

5FB8E3B7-40F2-4A0E-AD5B-C3DA236BC320

相変わらず大都会ですね〜

 

 

着陸〜

BDD46A75-AC74-48DB-99B6-59D3CA313B7A

伊勢の帰りに通り掛かったレストランやショップのあるところに出たので、ここで昼食を取る事にした。

大阪では乗り継ぎが約2時間あったけれど、制限区域から外へは出ないでトランジットした。

 

 

 

FE6D6F4B-98A5-4866-BD11-FF57227A2DD4

景気付けのビールとラーメン。

ニラを入れすぎて一日中ニラニラな感じが口に残り、自分が嫌いになった^^;

 

 

 

C5F7FD0E-3919-40A5-BA97-0356C839D322

誰かが忘れて行ったコップ。

自分が犯人だと思われたら嫌なので、食後に片付けておきました。

 

 

 

7EBDA9FC-6170-4F7A-8B4B-BCFCA8E439D8

あの飛行機に乗るらしい。

 

 

0FC7F216-0127-4036-A1D6-D68A84264A7D

まあまあ人はいたけれど、ボーイングの777だったので、客室はガラガラだった。

 

 

 

6B9E9B39-1B69-4FA0-8B0A-B6C088302F09

また乗り込みました。

 

 

FD821875-DF71-48A6-9267-8CC816325E71

行ってきますよ大阪

 

 

 

1DCF52EE-D9ED-4E62-B017-54CED5727198

雲海の上に戻ってきた。

 

 

 

8E8C21FC-263C-4A84-888E-90811999E60C

E5458C79-838A-4A8C-81E1-5319944C1645

10000mを超えて

 

 

FE6AE9D6-0739-4C40-A87C-4AA934ECB6DC

しばらく飛ぶと雲が切れ、夏のような海と雲の景色が見えてきた。

 

 

 

2D01C583-C970-4D96-A8B5-5D4A6FAA8041

3013B8CB-8C5A-459E-AC06-88DB6289FB11

1E660873-369A-4826-9DA8-10F6F32FD661

少しずつ日は西に傾く。

 

 

 

6207E0A3-0007-4ABF-A1EB-2CC31DC2D9F6

どこかの島の上空。

 

 

618961AE-CBE8-44DB-99A0-2E491B02D257

旋回して南側からの着陸態勢に入った。

 

 

 

88961A3B-168A-4CCB-96D7-D8A2A5FF23D7

那覇空港に無事到着。

on timeが嬉しい。

 

 

 

227249D1-7126-4BEB-912F-741368E3E5C9

お世話になった飛行機さんです。夕日が見えた。

 

 

普通、この辺で旅は終わるのだがそーゆー訳にはいかないのよ。

C62D945C-652F-40B3-9102-234E6FC23724

別の飛行機に乗り、自衛隊の倉庫の前を通り滑走路に向かう。

 

 

 

66301221-53C5-4B19-9FA2-BD30A51C2DD5

行ってきます!!

 

B551645C-DD5C-4AA6-B400-9EAC4620F019

慶良間諸島との間にある環礁が綺麗でした。

 

 

 

63D118C9-0F04-489C-88D7-3CA76C2574FF

多分、飛行機から見ると1時か2時の方角に太陽があると思われる。

左側Aの方に座っているので、夕日は見えなかった。

 

 

 

B42AA268-7DB8-461D-A102-E4B646D656AB

それにしても美しい。

 

 

38AF7879-5BF5-47C1-9CEA-0B24659872DB

旋回したりすると夕焼けの色が変わる。

 

 

 

171F2BEB-0B68-45C1-B740-AA542DF66FCF

7C7BF42D-3258-4CEE-9D70-E700FC1EBC19

C732B542-E678-4896-BB77-F893978D690C

太陽と同じ方向へ向かっているので暗くならない。

 

 

 

9675EB30-A2B3-42A0-9C03-FC6FEC32D1A3

水平飛行は10分くらいで降下を始めます。

 

 

E7D8A491-79CC-4726-BC29-4842C03BF860

高度が下がれば暗くなる。

 

 

 

AC99319C-B6E4-497F-BE74-A399416237D8

88EA8FC0-CBA3-4A6D-BF21-1DD92C11D7FA

石垣島の中心部。

毛利さんと西表島へ行った時、高速船に乗ったあたりです。

 

 

 

127D44F0-0144-493B-A55E-04B93CE46982

9414E7FA-8715-46B5-90C5-5173C2E739D1

石垣空港到着〜

今回は40分時間があったので制限区域から一般区域へ出てみた。

石垣空港が混んでいたんですよ。

若者が多い。

ここは大阪、羽田、岡山からなども直行便が来てしまう人気の空港なんです。

 

 

保安検査場も少し並んでいたので、短時間で空港の外に出たりお土産を見たりして、すぐに保安検査場へ向かった。

6A1BC129-E218-4158-83B8-487742BD40FF

8番ゲートからの搭乗。

琉球エアコミューターのプロペラ機に歩いて乗り込みます。

 

 

 

8CEC7CE2-69E8-4393-A207-E15F0982E4D7

こうやって見るとなかなかカッコいい^^

新幹線に羽根が付いたようにも見える^^

 

 

 

B16E4B9B-3F32-4EE6-82BE-D5756D92BAAF

ボンバルディア社の飛行機で、最後のCCは「カーゴ コンビ」と呼び、荷物が多く積める飛行機だそうです。

沖縄の離島への配達も担っているとの事。

こんなふうに、通常は74人乗りの飛行機を50人に減らし、荷室を大きくしているそうです。

また、Q400のQはquietのQで静粛性に優れているという。

それはどうか分からないんだけど(今回プロペラ機はほとんど広報だったのでエンジン音やビリビリとデカイ振動音がしたりとかなりうるさかった^^;)ジェット機に負けないくらい早いらしいです。

とは言え、最高速は667キロで、最高航続距離は2367キロなので、あまり遠くへは行けません。

プロペラ機は揺れるし、着陸の衝撃が強かったりするので結構楽しめる^^

夜なので写真もなく、那覇空港からゆいレールに乗り、壺川でおりた。

 

00A106A2-291C-410F-9BAD-2FDD40D64A6D

ホテルは空港から4駅目の壺川にあるメルキュールホテルにした。

ツインの部屋だけど狭い^^;沖縄中心部のホテルあるあるです。

それでも清潔なホテルだった。

ホテル到着は22時近かった。

缶酎ハイを隣のファミリーマートで買い、それだけ飲んで眠った。

 

つづく

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP