社長のDiary

北へ

弥彦神社より戻った翌日、2022年7月25日月曜日。

夕方5時過ぎには仙台港発きたかみの船室に居た。今度は北へ向かう。

 

この時期の太平洋フェリーは夕暮れと夜の間くらいに出港なので、景色がとても綺麗。(出港時刻は1年中19:40なんだけど、冬は真っ暗になる)

 

準備も整い

 

船はぐるりと1回転して定刻に港を離れた。

 

この日は灯台の灯りや星も見えなかったので飲んで寝た。(航行中の写真ナ〜シ)

翌朝。苫小牧港到着。

 

まずはホテルへチェックインする為近道を走る。

数年前に覚えた裏道を通ると、港と現場の間にホテルがあるので、混雑する前にチェックインを済ませてしまう。

 

 

羊蹄山は曇って見えなかった。

 

まだ時間があったのでチェックインし一旦部屋へ。緑が美しい。

 

いつもの部屋。ドリンクを冷蔵庫に仕舞ったりしてから出かける。

 

 

今日と明日の仕事場。ミネラルウォーターとペリエを毎回冷やして置いてもらえるのが嬉しい。

 

尻別岳が見え、遠くにニセコの山々が見えるこちら側の向きの部屋が好きなんだ。

 

ホテルを出て役所へ行き、打ち合わせというか話し合いをしてホテルへ戻る。

明るい夕方。カクテルタイムになり、ラウンジでワインを飲んで過ごした。ラウンジもホテルも大分混んできており、ホテル側も人数を増やして対応していた。

 

7時前には部屋へ戻った。日が伸びたので夕焼けが見えていた。雲や霧が美しい。

 

ここの打ちっぱなしはボールを自分で足元に置いてから打つみたいだ。

 

翌朝。

レストランでは今日も豚汁を用意してくれた(他のお客さんは普通の味噌汁だった^^;)。しかもデッカいどんぶりで2杯も食べさせてくれたので、他のものはあまり食べられなかった^^; 豚汁だけで満足です。

天気が良いので窓際にPCを置き、朝からお仕事を始めた。

船で移動中はPCメールが見られないので、返信に追われる^^

 

仕事を終え、14時過ぎにはホテルを出た。

大雨で山が崩れ、しばらく通行止めになっていた美笛峠が開通したと聞き、久しぶりに通った。

仮設の信号が付き、対面通行になっていたけれどこれで時間短縮が出来る。昨日、港からホテルへ向かうときは開通を知らなくて迂回ルートを通ってきた。

 

あの防護柵の左手が崩落現場だった。

災害が起こったのは夜間だったのか、激しい雨量により通行止めにしていたのか、人的被害が無かったのは幸いである。

 

買い物をして少し早めに港到着。

帰りはきそ。

 

きそは部屋がゆったりしているのがいい。

 

外を見ながら風呂に入れる。

 

前にはシルバーフェリー(八戸行き)が停泊していた。

今日は車が多く、出港が少し遅れた。

 

船首が閉まり

 

バックで港を離れる。

 

前進が始まり

 

港外へ出る。

 

様々な船が停泊していた。

 

 

以前も後方が焼けたようなサンフラワーを見たんだけど、同じように火災でも起こしたみたいに後が黒くなっていた。どしたの??

 

 

夜は天気が悪化。星は見えなかった。

行きも帰りもだいぶ旅行者が増え船が混んでいたので、レストランでは食事をせず、室内で大人しく過ごした。

 

 

翌朝の仙台も快晴。気温は30度を超えるらしい。本格的な夏が始まった頃の短い旅でした。

 

おわり

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP