社長のDiary

新年は30年振りで益子先生と再会、そして再び東京

 

昨年末の牡蠣アホ食いの後は、しばらく体にしびれがあったり、何やら熱があるような症状が続いたけれど、飲み会やら新年会などのめでたい席ではそんな事は言っていられない。まあ、熱があるのに接待やらお付き合いなんてのは随分と経験させて貰った訳だし、二日酔いでの飲み会3連チャンなんかに比べればまだまだ可愛いものである。

 

年末に、中学校剣道部の部長だったはんちゃんこと、半沢あつし君(今は学校の先生をしているそうで)から連絡があり、「二中剣道部顧問だった益子先生が中野小学校の校長で福島に赴任してくる。新年会をやろう」という事になり、1月2日は秋保温泉岩沼屋に宿泊し、翌日は中学校時代同級生らとの毎年恒例新年会(去年から学年で連絡が付く人は自由参加型の飲み会に変わってきたんだけど、毎回エンドレスで続く。最後まで飲んでいた方々は朝日を浴びていたらしい)益子先生と再会の日は1月4日、それこそ3連チャンの3日目に行われた。

先生変わってないんだよねー。熱いんだな相変わらず。3級下の後輩が多く、初対面が半分だったけど、のだっぴやなべちゃんなど同級生も集まり楽しい夜となりました。やっぱり、昔話には冬でも花が咲きます。

そういえば、私は小中学生時代は剣道と祭りの好きな少年でした。剣道は副主将なんてやっていたような。最近は、fijiで買ってきた木製武器で素振りなどしております。「須藤君の小手や面は当たるとメチャメチャ痛くて、物凄いパワーとスピードがあったんだ!!」なんて皆に言われたので、特に海外で怖い思いをしたら何か棒があれば勝てるかな?

っていうか、そーゆー褒め言葉は現役時代に言ってくれたら、今でも剣道続けていたかもしれないのに、音楽と登山少年に変わってしまいました。

 

1月は14日頃よりうだうだと仕事をはじめ(なんだかほとんど片付けか何かをしていたような気がします。)ツツミ住販の佐藤と二人で打ち合わせ新年会をしたり(1月3日の新年会は勿論一緒だったけれど)タカハシ企画の高橋さんと新年会をしたり、とやの福祉会のかわいい後輩安田トシちゃんと新年会をしたり、毛利さんが昼訪ねてくれて一緒に喜多八で蕎麦を食べたりと、忙しくも楽しい日々は続いておりました。

そういえば、とやの福祉会からはご下命を戴き、「評議員」なるものにしていただきました。お世話になります。

 

 

1月23日は再度東京へ。赤坂見附は以前勤めていた日本国土開発の本社があるけれど、久しぶりの赤坂は随分と変わっていました。

今年からアメリカとイギリスの不動産投資を始めようと考え、まずは東京で情報収集です。マレーシアは個人で投資しており練習のつもりでスタートしたのだけど、今度は会社で購入したく、登記関係(法人による所有権の問題が無いか)、税務、入口と出口戦略、現地の金融機関からの融資の可否、法人として行うメリットデメリットなどなど、いろいろと勉強させていただきました。

 

まあ、日本が一番すてきなビルやマンションがあるわけで(赤坂の街並みも素敵ですね。世界で一番の大都会東京ですから)、土地勘も東日本ならなんとかあるし、国内で売買しているのが一番簡単で楽なんだけど、一番は海外を取り入れた税制のメリット、為替によるメリットデメリット、購入して最後はどうしたいのか、このあたりを考えると自ずと海外の物件が必要になってくるわけであります。

3月3日から4日間でロサンゼルス・サンディエゴと日本を往復しようかと思ったら、残念な事に仕事の都合がつきません。すっかり予定も立てていたわけで、飛行機はビジネス空いているのが大韓航空しかなかったけれど、3月3日12:30成田発、LAに同日の13:30着(地球の回転と同じ方向へ向かうのでそーゆー事になります)、LAを6日深夜23:30発、成田には8日15:30着という、出張には理想的な日程がとれる飛行機だけは予約可だったけれど、とても残念です。25日からクアラルンプールへ出張するので仕方がないのですが、円高の方向へ向かうのはこの3月から6月が勝負と思われ、自己資金をアメリカの口座へ振り込むタイミングを考えると「いまでしょ!(ちょっと古いです)」って感じなんだよなー。悩ましいです。

ロンドンは需要と供給のバランスが悪く、需要に供給が追い付かない状態(バブルとも言われております)なので、ちょっと難しいとは思うけれど、しっかり勉強して取り組んでいきたいと考えています。

 

帰りは最終の新幹線になってしまった。アサヒスーパードライといつものカン酎ハイ、最近はまっている駅でしか売っていない安い赤ワインを飲みながら帰る。

 

夜遅かったので、この深川めしを開けるかどうか悩みながらちくわを食べ、ビールをゴクリと飲み、カン酎ハイを飲み終える頃には宇都宮を通過したのでいよいよ諦め、深川めしは翌朝の朝食になるのでありました。

ああー、いろいろと悩ましいなー!そんな1月でありました。

 

おわり

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP