社長のDiary

立山 2

P8130024

翌朝。立山方面は雲で見えなかった。まあ、山の天気は変わりやすいですから。

 

P8130025

懐かしい電車がきた。

 

P8130026

P8130027

昔、本当に昔になってしまったけれど、東北本線を走っていた「急行松島」と同じ車両だった。幼い頃、ひいおじいさんの旅のお供をしていた私は、上野まで4時間かけてこの列車によく乗ったものです。特急で行ったり、急行で行ったり急ぎ具合で決めていたように思うんだけど、和歌山からの帰りに初めてグリーン車に乗ったのもこの列車だったと思う。自分の旅好きは可愛がってくれた元校長先生のひいおじいさんの影響と思われる。なんせ、今の筑波大学(当時は師範学校と言ったそうです)を首席で卒業し、満州を含め、鹿児島から北海道まで校長先生をして歩いたというのだから、完全に旅の大先輩です。

 

 

P8130028

さてさて、魚津の駅で一度降りて、

 

 

P8130029

地下道を通り

 

P8130030

私鉄に乗り換えます。

 

P8130031

ああ、これには乗れませんよ。

 

P8130032

結構混んでいた。

 

 

P8130033

写真右方向に進むと一旦停車し、運転手さんが車両の中を歩いて反対側へ向かい

 

 

P8130034

奥の線路から来たのに向きを変えてこっちの線路を進む。まあ、合理的ですよ。平地のスイッチバックかな??

 

P8130036

だんだん山へ近づく。

 

P8130037 P8130038

こんな列車で、これでも特急ですよ。

 

 

P8130039

終点からこのケーブルカーに乗り換える。この乗り場で毛利さん一行と合流。一緒に蕎麦を食べてから乗り込んだ。

 

 

P8130040

ケーブルカーの終点からバスに乗り換え、室堂を目指す。途中、バスを停めてこんな滝を見せてくれたり、自動音声で観光案内をしてもらいながら1時間ほど揺られる。

 

 

P8130041

室堂はメチャメチャ混んでいた。2500mのここは、歩かなくても来る事が出来るので、皆さん軽装で真夏の気温15度を楽しんでいます。

 

 

P8130043

あれがこれから目指す立山。最初のピークは「雄山」といいます。

日本三大霊峰の一つ。富士山、立山、加賀の白山の3つです。

 

P8130044

使用前の元気なみなさま。朝から車での長旅お疲れ様です。

 

 

P8130045 P8130046

写真もそこそこに登山開始。鞍部にある一ノ越山荘を目指す。

 

 

P8130047 P8130048

こんな所に雪があるのは初めてだった。

 

 

P8130049 P8130050 P8130051

ずーっとこんな石畳を歩きます。楽チン。でも、30キロオーバーの荷物が肩に食い込む。久しぶりだった。

 

P8130052

ついついたくさん写真を撮ってしまいます。

 

P8130053 P8130054 P8130055 P8130056 P8130057

毛利・及川コンビがなにか見つけたようです。(何かは忘れた)

 

P8130058

雄山頂上の神社が近くなってきた。

 

P8130059 P8130060 P8130061 P8130062 P8130063 P8130064 P8130065 P8130066

右上に見えるのが一ノ越山荘。

 

P8130067 P8130069

佐々木さんが遅れ始めたのでみんなには先に行ってもらい、待つことにしました。それにしても混んでるよなー。

 

P8130070 P8130071

 

あと少し。最後の登り。頑張れ佐々木!

 

P8130073 P8130074

到着ー^^

 

P8130075

14時半頃到着してしまい、のんびり飲み会突入かと思ったら、「頂上が見えてるから荷物置いて登ろう」と、隊長が言うので、係長の私は従うしかなかった。

 

P8130076 P8130077

ここって、夜中の3時とか4時とかにヘッドランプ点けて登った事しかないので、明るい時に登るのは初めてだった。こんなに急登だったんだね。

 

 

P8130078

グングン高度を稼ぎます。小屋の先の稜線の左側の雪渓から水を引いているそうで、冷たくて美味しい水だった。

 

P8130079

お盆は空いているはずなのに、小学生らがたくさん下山してきた。

 

P8130080 P8130081 P8130082 P8130083

遠くに槍ヶ岳が見えていた。

 

P8130084 P8130085 P8130086 P8130087 P8130088 P8130089 P8130090

いつの間にか小屋が小さくなる。

 

 

P8130091 P8130092 P8130093

頂上の神社が見えてきた。

 

P8130094 P8130095

曇ってきたけれど、室堂方面もよく見えていた。

 

 

P8130096 P8130097 P8130098

あと少し

 

P8130099 P8130100

途中から鹿島槍が見えてくる。剱岳を目指すと右手の近くに見える山です。

 

P8130101 P8130102 P8130103 P8130104

でかい岩を掴んで登るのはひんやりとして爽快です。

 

P8130105 P8130106 P8130107 P8130108 P8130109 P8130110

最後の急斜面を登り切れば神社に到着する。

 

 

P8130111

鹿島槍はずっと見えていた。

 

P8130112 P8130113

あと少し

 

P8130114

無事到着ー^^

 

P8130115 P8130116 P8130117 P8130118

気温は10度くらいだった。

 

P8130119 P8130120 P8130122

雪が多い。こんなでっかい雪渓があるんだ。

 

P8130123

雄山神社の由緒ご覧くださいまし。

 

P8130124

 

 

P8130125

あの社殿で祈願してもらえます。

 

 

P8130127 P8130128 P8130129

朝イチで剱岳を登ってきた、たけちゃんが反対側から到着。

 

P8130130

合流できたので下山開始。

 

P8130131 P8130132 P8130133

さようなら。また明日参ります。

 

 

P8130134 P8130135 P8130136 P8130137 P8130138 P8130139 P8130140 P8130141

一足先に下山して皆の到着を待つ。

 

 

P8130142

隊長も待つ。

 

 

P8130143 P8130144 P8130145 P8130146

雲が高い位置にあったから眺めもまあまあ。良かったですよ。

 

 

P8130147

アルプスは食事がいいんだな。ここはハウスのシチューでした。

 

P8130148

 

すでに飲み会は始まっていた。飲み会の途中で5時頃夕食を挟み、また飲み会後半戦に突入する。なんてったって、今回はアルコール約12キロ背負ってきたんだからたくさん飲んで貰わないとね。アルコール係長の1日目任務終了。

 

つづく

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP