社長のDiary

AKITA Torrential Rain

P7230001

7月23日、前日から降り続いた雨。

そんな中、秋田空港で350mmの雨を観測したという。

太陽光発電所を秋田空港から車で10分足らずの場所で建設中の為、仙台の毛利さん宅へ10時過ぎに行き、パソコンの設定などを手伝い、午後2時過ぎ高速に乗り向かった。

 

 

 

 

P7230002

災害の強い味方ジムニーで出動。

横手から秋田まで大雨のため高速が止まっていた。

 

 

P7230003

秋田道で秋田県に入ると雨は止んでいた。

 

 

P7230004

高速を横手で降ろされ、13号線を移動する。横手では川がものすごい勢いで流れていたけれど、溢れているところは無かった。

 

P7230005

大曲の街はかなり広い範囲で冠水していた。

 

 

 

P7230006

川なんだか陸なんだかわからない。湖のようだった。

 

 

 

 

P7230009

協和町に近づくと晴れてきた。

 

 

 

P7230010

なんか居る?と思ったら

 

 

P7230011

鹿も家を追われ路頭に迷っていた。

 

 

P7230012

水没している。

 

 

 

P7230013

非常食はバッチリ

 

 

 

P7230015

協和の13号で大渋滞にあい、2時間で1キロくらいしか動かなかった。

途中で左へ折れる道を見つけて、地元車の後をついて走った。

 

雄物川に出て、ここを渡る。

P7230016

見た事ない水かさ。

 

 

P7230017

空港を目指し、走れる道をつなぎながら向かう。

 

 

 

P7230018

P7230019

川を渡っては道路が冠水で通行止。また戻り別の道を探る。

 

 

 

 

P7230022

P7230023

ここも途中で道が無くなっている。

 

 

P7230024

農道も走る。

時間がない。日が暮れる。厚い雲が流れてくる。

 

 

 

P7230025

日が沈もうとしていた。

焦る。

 

 

P7230026

湖のようになってしまった水田と道路。

災害が起こる度、何故なんだろう?この地球は美しく輝く。

 

 

P7230027

 

また行き止まりで別の道を行く。

 

 

P7230028

 

もう、由利本荘市まで南下してしまった。途中、ものすごい水量の川を並走。決壊したら流される恐怖を感じながらひたすら走った。所々道路は冠水していたけれど、なんとか3時間道を探し、線が繋がった。

日本海道は通行止になっていなかった。

由利本荘市のインターから乗り、秋田空港インターで降りた。

 

 

P7230029

 

夜8時を過ぎていた。

 

 

P7230030

P7230031

P7230032

P7230033

なんとか現場は大丈夫そうだった。

 

 

 

P7230039

P7230040

P7230041

 

さほど水浸しでもなかった。

帰りは高速の通行止が解除されており、秋田道を走った。

 

 

 

P7230042

どうにもお腹が空いてしまい、私の補給基地、横手インターを降りてすぐのくるまやラーメンで燃料補給。

もやしとワカメをトッピングしたラーメンで元気を回復し、横手から最短コースの雄勝→新庄→東根→上山→米沢→福島と走り、深夜1:30頃無事帰宅。

疲れたねー。

それにしても、先週もまた雄物川が氾濫したそうで、大曲の花火大会、桟敷席が被害を受け、大会当日まで整備に汗を流している姿をニュースで見た。関係者の方々本当にお疲れ様でした。

異常気象とは縁のないような日々を過ごしてきたけれど、今ではすっかり身近な心配事となり他人事ではない。ゼネコンに勤めていた頃、下水道は50mmの雨を基準に敷設されていたけれど、今はあっという間に100mm/h降っちゃうんだから、溢れないわけがない。

今まで、秋田県では大雪以外の災害はほとんど経験が無いと聞いている。復旧がスムーズに進むことをお祈り申し上げます。

 

おわり

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. アメリカ一周ウルトラ出張その7(カリブ海編)

  2. アメリカ一周ウルトラ出張その6(カリブ海編)

  3. アメリカ一周ウルトラ出張その5(カリブ海編)

アーカイブ
TOP