社長のDiary

f i j i 2013

フィジーを旅したのは8月のはじめの事だったのに、今はもう11月8日を迎えてしまいました。

3か月も何をしているんだと、思う方も居ると思いますが、このダイアリーを東京で書いています。昨日から来ています。今はホテルニューオータニの32階の部屋で書いています。

昨日平成25年11月7日は記念すべき日でした。昨年購入したゴルフ場、天明カントリークラブを太陽光発電所にする計画を進めておりましたが、発電事業者のユーラスエナジーホールディングス様と無事賃貸借契約を終えました。来週13日に起工式を行い、再来年の春ころから14メガワットの発電を始めます。

今月いっぱいは出張続きですが、時間を見つけて少しずつ書いていきたいと思います。というのも、先月から鹿児島、郡山、東京、福島県内1週、仙台と、出張先で1泊し福島に戻り、翌日また出張先で宿泊といった生活が続いております。鹿児島へは東京での前泊を含めると4日間も留守してしまいました。おかげさまでありがたい事です。

さて、話は8月4日にさかのぼります。

 

 

昼に立ち合いを終え、そのまま高速に乗り成田の定宿マロウドインターナショナルに車を停め、そのままホテルのバスで第2ターミナルへ。フィジーは地震の年の3月23日に予約していたのだけれど、当然交通機関が完全にストップしていて行く事が出来なかった。今回はそのリベンジの旅でもあり、5年ぶりのフィジーだった。以前とはだいぶ状況がかわり、現在日本からの直行便は無い。ソウル経由、香港経由、パプアニューギニア経由からの選択となる。当然、行ったことのないパプアニューギニアポートモレスビー空港経由を選んだ。

ビジネスクラスが取れたので、チェックインをして今回はアメリカの航空会社のビジネスラウンジを利用する事が出来ました。ここはその中にあるシャワールーム。

すっきりしてから出発します。

受付でカギを受け取り何れかの扉に入ります。清潔で安全です。クールジャパン

こんなラウンジで、勿論軽食とビール、ワインなど無料で楽しめインターネットも接続無料です。

いよいよ搭乗します。

革張りの古いビジネス。エコノミーが広くなっただけという感じでした。テレビが頭上にあるのが泣けた。

食事はあまりエコノミークラスと変わらないんじゃあないのかな?一応お皿に出てきますけど・・・

早朝の4時ポートモレスビー空港到着。ここはトランジットするビジネスクラス乗客専用のラウンジ。とにかく寒い!!5時間もここで過ごさなければなりません。

当然軽食、ビール、ワインもフリーだけど、寒すぎるのと朝早すぎて飲む気にならない。

こちらはエコノミークラスようのトランジットラウンジです。

いよいよ案内があり、来た時と同じ飛行機に搭乗する。

一旦降りて、歩いて飛行機まで行きます。それなりの空港で歩いてタラップを上がるのはタイの空港以来です。

極楽鳥のマークはカッコいいんだけど・・・

通路側のシートになってしまい、写真が上手に撮れない。

このままフィジーへ行けると思ったら大間違いで、一旦ソロモン諸島の空港ホニアラ国際空港に降りる。海がきれいです。

家があるけど、繁華街みたいなのは無いようです。

また、タラップで一旦降ろされます。

空が美しい。

こんな木造の空港。本当に国際空港なのかな?と思ったけど、フィジーとパプアニューギニアへ行けるんだから国際空港なんだな。

日本のソロモン会というのがあるようです。

DUTY FREE ストアは、めちゃめちゃ品数が無くめちゃめちゃ高額で驚いた。何も買わなかった。

1時間ほどでまた乗り込みます。

貨物機が着陸し、ソロモンの大統領が一緒に乗り込んでから出発。

大統領は一番前のシートに座っています。

このテレビ一度も見なかった。(TT)

昼食のような夕食です。

だんだん夕方になってきました。福島を出てから24時間を過ぎた。

やっとビチレブ島上空。

海がきれいです。

ナンディ国際空港到着。ここがフィジーです。

大統領は先にSPらしき人々に囲まれて行ってしまった。

大統領を乗せた車たち。

目覚めたらとても良い天気でした。

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP