還りたい場所を探す旅の、お手伝い。

Home > 社長のDiary > アメリカ横断ウルトラ出張2019ー9

アメリカ横断ウルトラ出張2019ー9
2020年01月27日 (月)

FEC7AED7-15B2-4978-8E42-0F799FEFECB8

aloftホテルの朝。

12時チェックアウトだけど、飛行機は10時頃のフライト。

8時出発。

 

 

 

68429200-393D-476A-8185-949DE1AF109F

空港への送迎は前の日にバンを予約しておく。

無料。

 

 

B8829B06-B15E-478F-95DE-A6B62A1C06E8

自分の他にはもう一人だけしか居なかった。

 

 

 

794D892A-4E6F-497B-AA6C-671F69077F7B

PhoenixからLAへ向かう。

空港に到着し、チップを1ドル渡すと上品な感じのドライバーは喜んでくれた^^

 

 

 

B14A72EC-16D1-487A-A275-9C6DE97F5341

この時は分からなかったんだけど、ユナイテッドのファーストクラスだからユナイテッドクラブで休めるのだろうと思っていたら入れないという。

後から調べたところによると、国際線の人しか入れないそうである。

確かに。アメリカの新幹線の代わりなんだから、国内線の乗客までラウンジに入れたら人数多すぎて行列になっちゃうよね^^;

 

 

951D5623-1BDA-4D56-8FAB-3D137CEC3C04

空港は小さかったけれど、ネイティブ アメリカンのお土産などを見ながら過ごした。

 

 

いよいよ出発。

1D862C8D-76A2-4801-80EF-F4766A46FDF5

さよおなら〜

 

聖なる山々がオレンジ色に光っていた。

 

 

 

C30EEB99-2D09-4495-B3FF-DA1FA0D8F8E3

あのあたりもパワースポットなのだろう。

 

 

 

4FEB4886-F600-4EDD-8779-DC79C0EAAB08 06DBDD31-396F-45EC-B79C-86B722D35D2C

Phoenixは大好きな街になった。

 

 

26D7ACCC-A15F-401F-8DCF-835213AAD0AD

右側はネイティブ アメリカンが管理する土地。自由に新築など出来ない。

大切にして欲しいものです。

 

 

64CB5D8A-F5AF-4C27-8EF7-EF444E2B0AA4

荒野の上に出た。

 

 

420DFDD4-D610-48B0-87D3-9C4AB5D1D0F8

所々畑があるくらいで

 

 

0ADCC4D7-8F66-4F0F-9297-EF0B99DCF439

あとは何もない。

 

 

CDE2C26E-A88B-49B9-A7EB-B1EEEC1B35A9

荒野が続くけれど

 

2D914106-2442-403E-9315-98CCE20A598A

ちょっとした変化も珍しく

 

 

AB5C8CC0-B45E-4F44-B3CD-0B061BF21F5F

ついついシャッターを切ってしまう^^;

 

 

 

38FAAEED-4897-4D4D-A90B-540FEF7378EA

何も無いのに

 

 

97CBA4DD-3D2D-4ADA-BD07-3B2FC4CB659E

何かあるんじゃないかと窓から目が離せない。

 

 

B09AD1D6-4E86-495D-B596-D4C7409630C2

本を読んでいられない。

 

 

361B175D-A460-4E3D-B8AA-1FAD620D13CF

突然だった。

眼下に街並みが見えてきた。

 

 

 

9E7EA748-D71A-4D06-BF31-3CB8A0C699AB

えらく煙っていた。

 

 

 

1CC44355-D7F5-495A-9F68-F831C5BE1A3D

煙と雲の違いがわかる。

 

 

E76EB72C-E687-4097-B725-A593CA37E9A2

この高速はもうLA上空だ。

 

 

 

8014D1BE-241D-4999-8120-A36CE31D0F5E

降下すると懐かしい風景が広がっていた。

 

 

 

06388AEA-9047-4527-AED7-BFFC79A37730

自分のアパートはあの岬の反対側にある。

LAも久しぶりだった。

 

 

 

97060BF2-D177-4C73-9FD8-9A296FD8F9BF

私に似ているという噂のアラスカ航空のエスキモーの絵。「おじさん」と呼ばれている。

 

 

 

369BE878-B638-4CC7-8E42-DB553B4CEFB6

エスカレーターを降りると、宍戸さんからメールが届いた。

 

 

DA58BC7E-636D-4E40-8988-6DFFDCFCB299

宍戸さんがメルセデスで迎えに来てくれた。

今回はトーランスにホテルを取ったので、タクシーだと空港から1時間弱かかる。車でまっすぐパロスバーデスの方へ向かってくれる。とてもありがたい。

 

 

 

45E2A891-5AAD-46DA-B30C-979DE8FAD1EE

LAだね〜

天気がいい。

 

宍戸さんは沖縄の出身で、マンション買って会社も設立したと伝えるととても驚かれて^^

話していたら、私が買ったマンションのその部屋に住んでいた事があるという。

思わぬ偶然に嬉しく驚いた(^○^)

(後で確認したら間違いなかった。こんな12時間+成田→沖縄が2時間半、合計15時間近くかかる果ての土地で、こんなご縁があるものなのだ^^;)

 

A9384A77-87E5-45EF-BD45-028EF8B71E80

花がいっぱい咲いていた。

 

 

71B079EE-CCA4-474E-8DB1-AA84494643AB

フリーウエイを下りサンペドロへ。

 

 

5BD39E3E-1C66-4DA8-942A-302CA5946215 FB19D0BE-1472-4DC6-911E-6FA1C81EDF56

初めてのレストランに入ってみた。

ここも地元の人しか行かないようなレストラン。

 

 

87FA5068-6706-4893-BF96-09B95ECEFFA2

なかなか美味しいんだわ^^

それに安い。

 

 

食事を終えてアパートへ向かう。

3F6F5831-BAB6-4830-93A3-3846B4C9CDFC

久しぶりだね。

2019年は大雨で雨漏りした。

アミーゴらになおして貰った。

 

 

3586B42B-7037-4389-93A8-F7A1F821C1BC

ちょっともう、塗装がはげてきている。

 

 

 

EA0C7E4A-379A-467F-9719-C069C44876CD

建物にクラックも入っていた。

 

 

 

A9FD4DF6-BA83-4DFE-8E4B-C1519F9A1E6E 5121EA92-0432-4261-A1A6-82F967A89F8D

GLギリギリにもクラックが。

 

 

 

1E2059E4-9E31-4200-8C05-CE8BA3113E0A

塗装もそろそろです。

 

 

 

CCEF53BE-E45B-4CBB-855E-F0F2B51CB705

アチャ〜

綺麗にしないと^^;

 

 

 

 

D13999FB-7235-4332-B7D9-63DFC8C56223

庭の方は洒落てるんだよね。

 

 

 

314ECD26-6289-47F3-AD43-7882B2A06461

この専用階段で2階の部屋へ行ける。いいでしょ?^^

 

 

709FB39D-D84F-42F3-B5F8-8233B0CE23BB

オシャレなんだよね。

95年前にこの建物を設計した人は天才だと思う。

 

 

81639340-C3CB-4C8B-A573-06B20B0991A3

小さいけれどコインランドリーも付いている。

 

 

 

1C031EFA-C064-4212-97C4-CD0DA8767C32

小さなランドリー室。

かわいいでしょ?

 

 

 

B6E7F85C-764D-41A9-B3D9-C7F36A35B5A0

駐車場の屋根。

 

 

 

8A68C28F-2801-4FD7-9954-5F46798A7E78

何故か瓦が敷かれていない。

あれあれ??

このなんだったかな??

 

後から調べたら買った時からこのままだったようで、防水が効いているからいいけど、なおしておけばよかった^^;

 

 

 

AB5AF4BF-C61C-4D83-8E45-F8E363D04ED6

2階の部屋からは太平洋が見えるんですよ^^

 

 

 

79D09916-450C-436F-BA7B-64033A4DA414

ガレージはほとんど物入れになっている。

 

 

3847973F-4197-4E8E-A2C8-9A1C2342FFAB

1室ごとに1カ所ずつ利用して貰っています。

 

 

B6391A65-946B-4186-B050-736BF7CBC91A

アパートから徒歩2分で

 

 

 

E26CCE5E-2001-4C6D-90C4-684686355D72

海に出る。

 

 

 

272E0970-1887-41F6-975F-48BD086C1E5C

環境もいい。

 

 

 

C56D86F7-94BD-4C0F-A0F5-F0972503A0AA

このカワイイアパートも

 

 

0895C647-8CE3-4C8A-8211-F4F0ADEF1193

今年の6月以降に売却することになります。

どなたか欲しい方が居たら遠慮なく連絡ください。管理も引き継げます。

 

 

CA7A5ADD-C559-4E38-9735-118C5D74D67C

太平洋側の海沿いを走る道路を北上しトーランスへ戻る。

 

 

024C21A1-0F28-44A6-A51A-07C30CA6E61A

「須藤さんここのガラスの教会見た事ありますか??」と言われ、初めて知った事を伝えると、是非見て行って!と、宍戸さんが連れて行ってくれた。

 

 

 

D4737614-8CFD-4FB4-AB67-C64FE5376FE3 03382C08-E74C-47F2-8BAE-07B975CCDBA9

ウェイフェア・チャペルと言います。

通称ガラスの教会。

 

 

 

96212F8C-0B30-4B1D-948B-6D0829F81BBC C9A53DDB-CE7D-467F-95D8-9108A1B715E7

調和の取れた佇まいがね。素晴らしいのです。

 

 

 

FC890C1C-2939-412A-B87D-F44BC0376AE8 DCECDC0A-B26A-4AF5-B9F5-A6C7E22E699A

日本の旧帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトの息子さんがデザインした。1951年完成。

 

3B311167-B156-40FD-ABCA-E628E532546F

荘厳というよりは調和。

美しい。

 

 

 

1AB80FD4-A9B1-4F04-9C74-6156FC3A9A35

6B2544E8-3C16-470A-9DD1-B017AC2BFF93

挙式した方々の名前がレンガに刻まれている。

松田聖子さんや吉田栄作さんも挙式した事で有名。

日本人の名前が多くて驚いた^^

 

 

 

2C167D2D-F9A7-48AB-A064-87060A96ABE3

B7DD2BE3-2698-4A69-BB62-739074813DE1

石の貼り方も素晴らしい。

 

 

5F09E20F-22CF-45F2-A8D3-DE53AA01F3E5

この敷地から道路を1本挟んで太平洋が広がる。

 

 

 

531B1206-BE5A-4B93-82CF-0FC5D3B411F4 477D60C3-9A66-466F-A33D-615E6ED3B8DB

花も咲いている。

 

 

 

D085688F-44F5-4371-84F6-E8F2B6088141 E8ECC1AF-2E59-47A6-9565-3CE6884C9F5E

大好きな極楽鳥の花はLAでよく見かける。

貴重な建物を見せて貰った。

この建物が出来る25年前に所有するアパートが出来たのだと思うと、そんなに昔でもないような気がしてきた。

 

 

 

85AD73CA-8655-4A30-B6FF-FB65B965BEB7

また走り出す。

 

 

 

88369C6C-1E44-4F29-B80C-3A14ED046DAE

ここからの景色が素晴らしい。

 

 

 

E93F1572-E61F-4EDF-A822-8350930F3993

この先に日本がある。

 

 

 

FF669E1B-277B-4C22-9EB4-7B24619A2827

美しく大好きな景色。

 

 

 

5942C012-CE0D-4121-851E-F4A6C7113A3D

トーランスに入ってきた。

 

 

 

6A84518C-5D87-4766-80F2-C1D71566DC21

初めて泊まるミヤコハイブリットホテル。

以前、食事をした事があるけれど、日系ホテルのため日本人が多く泊まるそうです。

 

 

 

1EB6F4A3-28B1-4277-B6AD-865C72D07804

部屋はまあまあです。

私には充分^^

 

 

4B33AE83-165B-4FDC-AE20-452A4969F3B9

湯船が深くていいんだわ。

この後1時間以上入っていた^^

 

 

 

9CA6392C-D65A-4D99-AEC5-CDC9B18468C9

トイレはアメリカで初めて見るウオシュレット付きです^^

 

 

 

C3A7F603-A72E-43BE-A81D-370318251852

ベランダがあり街を見渡せる。

 

 

 

E1866BC7-8997-4E4C-8810-5D1030617894

日系のミツワスーパーが隣にある。

 

 

 

32F8FBC6-D22C-47C5-8386-AFD08CB7E9BB

パロスバーデスの方へ日が傾いていた。

 

 

 

AFD6B3E7-C288-4B63-81DC-D93685A2068C

ちょっと画像が悪いけれど、LA港のあたりも見えた。

 

 

 

F6C33053-E85A-4BEB-8F6E-83CF3723B6D6

テレビでは山火事の番組をずっとやっていた。ここロサンゼルスから北へ向かったゲッティセンター(美術館)の近くで火災が発生したので「ゲッティファイア」と呼ばれていた。

 

 

 

FE869A69-F8C2-400C-9D86-386D287243D9

飛行機から見た煙はこの火災によるものだった。

レブロン ジェームス(ロサンゼルスレイカースのスタープレイヤー)やアーノルド・シュワルツェネッガーも避難したという。

この辺りは超高級住宅街で、住宅価格は最低2億から。

平均すると15〜16億円クラスの邸宅が多いそうですが、みんな木造だから家事には弱いんだ。

 

 

2A0F1F0E-D9E9-4FB0-B82D-2B4F78E34C60

風呂から上がって火事のニュースを見ていると夕方になってきた。

 

 

 

B0E24E48-BAC4-49CD-9B35-3C14900DE8D9

パロスバーデスの先っちょに太陽が沈み始めていた。

今日も夕日が綺麗なのだろう。

 

 

 

EE7A15A9-B717-4AA6-95B5-1EC5C7738B9F 94D567C4-0C06-4DFF-A631-630EFE96A26D

ニュースは続いていたけれど、今夜は食事の約束があった。

 

 

 

1ABE6601-F993-4D56-8394-ED0FC774CC77

ミツワスーパーからホテルを見る。

太陽光パネルが貼られていた。

 

 

 

26015C00-2DA3-4F87-A3DA-93D1A64ED337

スーパーの中は日本の食料品がズラリと並んでいた。

 

 

 

979B6231-1CC1-4F7E-801C-979D0121D820

待ち合わせ時間。

 

 

 

A72A2293-189B-4AC0-8DBD-36491AA27663

今日も夕焼けが美しい。

昼と夜の境目の景色が一番好きだ。

 

 

 

04F09616-D284-401F-81F8-D5B2FA963E66

LAに来るとテスラが多く走っている。

 

 

 

19EB6E72-9F90-451C-B921-6EBC58193025

カッコいい^^

宍戸さんとあきちゃんと合流。あきちゃんと飲むのはホント久しぶりだった。一度体調を崩され心配したけれど、今ではすっかり回復してとても元気だった。

イタリアンのBouzという店でスパークリングを飲んでいた。

ネイティブな日本語の外国人が居たので、どうして?と聞くと、京都生まれのハーフで、トーランスに住んでいるというティナさんという方だった。この店は若い日本人が多く働いている。

日本の若者は海外へ出たくない人が多いと聞いたけれど、こうやって日本を離れ海外で頑張っている若い人もいるんだ。頑張って欲しい。海外から日本を見て欲しい。日本の常識は海外の非常識だと気付いて欲しい。

 

「須藤さん福島の坂内食堂知ってますか?」と、突然喜多方の話になった。「モチロン!超有名店でしょ!」と言うと、中原明会長がお友達で、電話をしてみようと言うことになり、初めて話をさせて貰った。アメリカに数店舗坂内食堂をオープンしているそうで、次にLAに来たら会いましょう!という事になった。

アメリカと日本は繋がる^^

 

 

 

5C25D60D-0C98-4BD5-B4B3-C020E8A3EFD8

最後はガーデナにあるバーにも連れて行って貰って^^

楽しい夜だった。

 

 

BB7229B2-58FF-4224-93D1-C4443552B09D

部屋に戻るとLAの街は遅いのに輝いていた。

 

 

 

37B258E5-2CD3-438E-B518-8C8A2BDB4DC2 38C87C34-3EDD-4979-9FC6-714986C3EEA8

奥のオレンジ色の光のあたりがLAの港だ。

全米で一番大きい港。

サンペドロとロングビーチの間にある。

 

今回は現地確認と手直し工事、売却の相談だけだったので、LAには1泊しかしない。

30歳の頃に初めて来た外国の街。今では友達も出来てとても身近な街になっている。あの頃、自分が商売を始め、LAに支店を置くなんて事は考えもつかなかった。

人の人生なんて不思議なものだ。思いもつかないチャンスに恵まれ、そのチャンスは全く知らないうちに不思議なご縁によって齎される。

今だからわかるけれど、チャンスは目の前に沢山転がっている。それに気付けるか気付かないかで人生は大きく変わる。

若い頃に来たLA楽しかったけれど、チャンスに気付ける今見るLA、アメリカ、日本そして世界は旅をしながら仕事をすると、とても楽しいものです。

 

つづく

 

前の記事
«
次の記事
»

Home > 社長のDiary > アメリカ横断ウルトラ出張2019ー9

ページトップへ