社長のDiary

よもやまよもやま

祭りと並行した話題も。

練習が始まる前の週だったか、前日だったか・・・セイメイパーキングに建築中だったシニアパンションが完成。初めて内覧をする。

ミッフィーがお出迎え^^

廊下広いです。

明るい談話室。

ミサワホームさんから鍵の引渡しを受け、すぐ賃借人へ引渡す。契約終了の25年後まで会う事の無い鍵たち・・・

終了後、久しぶりで秋保温泉の岩沼屋へ。ここのでかいお風呂が好きです。

高いのは昔からなんだけど、ちょっと料理の腕前が落ちたんじゃないの?

朝は毎回納豆が無いので残念。風呂は相変わらず良かったですよ。

9月30日は、寒河江の製粉工場で行われる新そば祭りにお呼ばれ。日本国土開発時代の上司だった大橋部長が現在プロ級の蕎麦打ちとなってしまい、その関係で。国土OB4人と、山仲間で元某ゼネコンの支店長をしていた倉田さんの5人で行く。

大橋さん、上手でした。美味かった~^^ 慌てて食べる方に専念してしまい、蕎麦の写真は1枚もありません。

奥まで打ち手が並ぶ。山形のプロVS仙台のアマによる戦い。引き分けでしょうかねー。蕎麦は完璧なので、茹でてから目の前に出てくる時間により喉ごしと香りが変わる。

帰る頃にはこんな行列でした。11時過ぎには着かないと危険です。昼過ぎ来場だと1時間は待つでしょう。

お世話になっている浦田健さんとシンガポールの奥村尚樹さんが共著した本が発売になり購入したら、浦田さんが送ってくれたので、2冊所有。

しかも送ってくれた方は浦田さんのサイン入り^^サインが入っている方は家宝にし、サインの無い方を読みまする。(もったいなくてまだ読んでいないんだけど、こーゆーのは旬のものですから、年内には読み始めないと)

10月5日、現在一緒に仕事をしているアジア航測の佐藤理事と高原さん。佐藤さんは、私の日本国土開発時代の副支店長で上司。とても面倒見のいい尊敬する方で、私が退職する時には沖縄から「辞めるな」の手紙をもらった。大切に貸金庫に保管してあります。広島支店長時代には、岡山まで出張したついでに「岡山に居るなら広島まで来い!」と言われ、終電の新幹線に乗り遅れ、荷物は岡山、体は広電ホテルという無茶苦茶な夜を過ごす。独立して3年目頃だったかなー。

この日は日ごろのお礼、昼に鰻をごちそうするの図。大変喜んでいただきました。ビールは自分から頼んでいたもんね。最近はほとんど毎週お会い出来るのでHAPPYですよ。

祭りが終わった翌日、10月10日は子会社のシティ株式会社が所有する杉本ビルのライヴハウス「CーMoon」で3周年記念記念パーティー。00Zの皆さん他、数名が演奏をお披露目してくれました。祭りで飲み疲れの体に追い打ちを掛ける自分。楽しかったー。

祭りと並行してこんな日々でした。

終了。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP