社長のDiary

アメリカ最終回

P6200016

朝食が終わると外はまた暗くなってきた。それにしても美しい。

 

 

P6200017

P6200018

P6200019

P6200020

P6200021

 

このボードコンピューターは自動にしておくと数十秒おきに様々な画面に変わるので、結構飽きないんですよ。何と言っても今回乗った4つの飛行機、映画は全て同じもの。英語かハングルかチャイナしか音声は無いので、英語の映画だけを見ていたから、ほとんど見てしまった。

 

P6200022

P6200023

 

やっと、仁川到着です。

 

P6200024

 

ラウンジが開いていたけれど、旅行者はほとんど居なかった。

 

P6200025

P6200026

 

5時間半もトランジット待ちがあり、いい加減退屈になる。もう一度シャワーを浴びてみた。

 

P6200027

 

 

最後の飛行機。となりには同じLAからの飛行機で仁川まで戻ったという老人が座っていたのだけど、よくよく話を聞いてみると、なんとブラジルでワールドカップを見て来たんだって。タフですよ^^上品で元気なおじいちゃんだった。

 

P6200028

仁川でかい空港です。また来ます。

 

 

P6200030

P6200031

 

LAからお世話になった飛行機。また頼んます。

 

P6200032

P6200033

 

見送ってくれた^^

 

P6200034

P6200035

P6200036

 

雲で見えなくなった。

 

 

P6200038

 

やっと青空が見えた頃から着陸するまで飛行機はスゴく揺れた。

 

P6200039

 

 

揺れる飛行機でのこの汁物と、サービスで出て来たボルドーの赤ワインシャトー詰めが揺れに揺れた。とにかく、汁を大急ぎで啜ったですよ。^^;

 

P6200040

 

ご飯を混ぜると落ち着いた汁物(なんせ食べ物の名前が分からない。名前なんて無いのかもしれない。もしかしたら汁物って名前かもよ)

 

 

P6200042

 

 

雲の上に出たと思うと、あっという間に下降を始めた。

 

 

 

P6200045

P6200046

P6200047

P6200048

P6200049

帰りは新潟、富山、長野の県境をかすめてまたいわき辺りまでもどり、それから成田へ南下する。こんな航路なのか、積乱雲でも避けてこうなったのか。

 

 

P6200052

 

P6200054

 

霞ヶ浦上空を行く。

 

 

 

P6200059

P6200060

 

P6200062

P6200063

 

美浦村のトレーニングセンターだと思う。叔母がここに嫁ぎ、幼い頃よく遊びに来ていた。最後は高校1年だったかな。原付の免許取り立てで、パッソルを借りて真夏の昼に遠出をしたら、パンクしちゃってね、10キロくらい引いて帰って来たのを覚えている。暑かったな。懐かしい夏の想い出。ここは、競走馬のトレーニングセンターです。

 

P6200064

 

利根川でしょう。

 

その後、無事に成田到着。急ぎ表参道へヤボ用に向かうため超急いでおり、この後の写真がありません。

日本はすっかり暑くなっていて、NEXがないので快速で向かったし、眠いし疲れたし。写真を忘れて新橋までガーガー寝ていたと思われる。

 

アメリカは相変わらずパワフルで刺激的な街でした。アジアもいいけれど、先進国の上品なイケイケ感もいい。たくさんの方々との出会い、また田辺さんらの丁寧な案内と解説がとてもありがたかった。心より御礼申し上げます。

来年の4月か5月までには申し込みをして、物件取得しなければならないので、それまでにあと1回か2回は足を運んで吟味したい。今回のような物件なら1つは申し込んだんだろうけど、タイミングが悪く、国内での事業を抱えており、それなりに自己資金を投入しておりました。いわきの太陽光発電所建設、仙台の一番町にあるビルの購入、分譲地の購入、その他にも購入する物件やら工事の発注が5〜6件控えているので、こちらを軌道に乗せてから、と判断しました。アメリカでは自己資金が40%は必要になるので、もう少し余裕も欲しい。

 

次は山の話でもしましょうか。またおつきあいください。

 

おわり

 

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP