社長のDiary

分譲地検査

たくさんの方々のお力を借り、南沢又分譲地が完成し、市役所の完了検査を終えました。余震と放射能の問題が懸念されている中完成させて頂き、感無量であります。(T T)

検査項目には無いのだけれど、先日県より借り受けたガイガーカウンターで放射線量を測ったら、宅地の中心で0.2~0.3マイクロシーベルト/h平均くらいと、低い数値で良かった(^^)

それに、検査の方も大きなミスや指摘も無く、若干の手直しはあったけれど、仕上がりが良かったようです。

北側6区画は、東日本ハウス様と販売代理契約を終え、1年間かけて販売。南側8区画はこれからです。

土地表面に敷いた「化粧用の砂」は、梁川町から持ってくる砂なんだけど、とても水はけの良い砂で、とても満足しています。

今まで、分譲地の販売をするのに放射線量なんて気にした事は無かったけれど(そんな事を考えた業者は1社も居ないと思う)、こうなっちまったら仕方がない。みんなが安心して暮らせる分譲地を作っていくしかない。

しかし国・県・市は、全員が安心して今までのように過ごせるよう、一刻も早く手を打たなければならない。民間の業者、特に私のような中小企業には限界がある。

もう、3ヶ月も過ぎている。3ヶ月も全員が不安な毎日を過ごしている。役所、政治家、民間、政党、誰が悪いなんて言い合いをしている場合じゃあないよ。みんなで決めて作った物なんだから、みんな悪いんだ。(今までは良いものだったのだろうけど、逆転してしまった。)世界中が安心だ、ローコストだと信じていっぱい作ったんだから、人類皆で解決していくしかないんじゃないのか?犬や猫、牛だって迷惑な話だよ。(世界の銀行ロスチャイルド家がウランの権利を持っているという本を読んだことがあるのだけど辻褄は合う。本当だとしたら他の国々が原発を止めると言えるのか?)玄葉先生、見ていたら電話して欲しい。東京へ出向いてもいい。地域のマクロの視点から見えている話しが山ほどある。

国内で、東京が悪いの、福島が悪いの、東電だ、国だ、官僚だ、政治だのと言ってる場合じゃあねーべ?みんなで知恵出し合って解決していこうよ。

それでも自分の家は安心だと、自信を持って過ごして頂きたい。

涼しい夜なのに熱くなってしまった。

↑こーゆー事は自分でしないと気が済まないよ。自分の目で確認したい。忙しいなんて言ってらんない。最重要課題です。だって最近、いい話と悪い話が50:50で、何を信じたらいいのかわかんないもん。数字は嘘つかないでしょ?

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP