社長のDiary

2012.3月前半よもやま話

奥村尚樹氏の著書、「チャイナマネーを追え!」を購入。1月に東京で、師のセミナーを聞いてきたばかりだった。セミナー前日、中合7階にある岩瀬書店へ行くと、この本が棚に2冊置いてあり、著者の名前が目に入らず、題名のインパクトに目を奪われながらも、、「中国の話しか!?もう遅いよ!!」と、手に取る事は無かったのだが、翌日セミナーで本人よりこの本を紹介されびっくり!こーゆー偶然が結構起こるものです。

以前から海外への投資を考えてきたのだが、ここに来て対ドルの円相場は円安に振れてしまい、実はちょっと焦っている。まあ、せいぜい80円台を行ったり来たりだとは思うのだけど、いずれ160円台!などと断言する人も出てきたので、やはり焦る。

去年旅をしたマレーシアへ来月出張する事が決まった。今回はシンガポールよりクアラルンプールへ入り、2泊。その後シンガポールへ再度入国して2泊。最終日の深夜便で帰国する為、4泊6日急ぎ足の出張となる。

いよいよ投資先を絞り出発する事となった。今回は購入まではしない予定。現地の視察、物件の調査、金融機関との打ち合わせ・口座の開設、エージェントとのパイプ作りが主な仕事となる予定。

マレーシリンギは、米ドルペックをやめ、管理フロート制に移行している。マレーシアリンギ・シンガポールドルは共に、中国経済の影響が強い為、人民元と連動している。そして、人民元切り上げにより、通貨はますます強くなったと思われる。

まずは行って、感じて、考えて、やってみます。不動産運用も商売もどこへ行っても基本は一緒です。

さて、お次は3月18日今度の日曜日のライヴ情報です。

今回の課題曲を聞き、久しぶりで両側にフロアタムを置く、2フロア体制が必要と思われ、このようなセッティングに。ここにメロタム(メロディックタム)3発が付けば、私の昔からのフルセットとなる。まあ、昔は大きな箱でばかりライヴをさせてもらっていたけれど、それなりにかさばるから、ライヴハウスでは数の多いセッティングが大変なのである。

バンド名も何となく決めてなく、練習だけは今までに3回集まり2時間づつ行い、明日金曜日に最終調整をしていよいよ本番。初めて聞いた曲だったので、個人練習は敢えて行わず、CDを聞いて曲の流れだけ覚えて、あとは自分なりにアレンジ。イイ感じですよー!!

練習初日から、メンバー全員が上手い事が分かり、楽しいセッションバンドになった。

大学4年生が2名、40代3名の5人体制のバンドです。

右から髙橋(g)さん、古市(g)さん、菅野(b)さん、戸田(Vo)さん。(左から説明した方が分かりやすいでしょうけど、書いてしまったので許してね。)

いつものC-Moonで16:55より出番です。ちょっと早いけれど、ライヴ見てから家へ帰ってもちびまるこちゃん見れますから、是非来てくださいね。

今、会津の和田君より電話があり、NPO法人の集まりで福島で飲んでいるという。呼ばれたので2次会から参加という事で、行ってきます。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP