社長のDiary

2018東京→成田→LA→Dallas→LA→成田 3

P2050001

翌朝も快晴

 

 

P2050003

相変わらず月も綺麗に朝まで輝いている。

早朝は空気が澄んでいた。

乾燥しているので一日中澄んでいるようにも見える。

 

 

P2060004

朝7時。早朝のロビーは空いていたけれど、

 

 

P2060005

何やら黒服のSPが大勢いて、こっちに来るなとかあっちへ行けとか命令してくる。俺たち宿泊客なんだけど。

 

 

P2060006

左へ曲がるなあっちへ行けと誘導される。

寺山さんも一緒に出かける予定だったけれど、昨日からダウ平均株価が史上最高に暴落し、朝まで忙しく眠れなかった。1日ゆっくり過ごすという。もちろん、それと連動して翌朝の日本の相場も大きく下げた。やっぱり世界は緊密に繋がっているんだ。

 

 

P2060007

爆発を続ける太陽の方へ向かう。

 

 

P2060008

早朝のサンタモニカに到着。月曜日なので道路は若干ラッシュ気味だったけれど、30分くらいで到着。

サンタモニカ市内はとても空いていた。

 

P2060009

田辺さんは早朝のマラソンをするという事で、私と石黒さんがどこかレストランで待ち、一緒に朝食をとろうという事できた。

 

 

P2060010

ホント、早朝のサンタモニカはひっそりと。

美しい街なんだけど、ここはゲイの街であり、温暖でもあるため浮浪者が多い。

 

 

P2060011

P2060012

なかなかレストランが空いていなくて、

 

P2060013

P2060014

繁華街も店は閉まっていて

 

 

 

P2060015

自分は昨夜飲みすぎたせいか(スッキリしていたけど^^)下痢気味。

銀行の入っているビルでトイレを探すと、入口の隣がスポーツジムになっており、フラフラと奥へ進むとトイレがあったので無言で借りてキタ^^

誰にも疑われる事も叱られもせずスッキリしてキタ^^

 

 

P2060016

ホテルの1階のレストランに入る。

田辺さん、今日はマラソンやめたと、すぐに食事^^

 

自分はアメリカに来てから毎日食べているシーザーサラダを注文。

石黒さんはエッグベネディクトを食べたかったんだけど、普通サイズとスモールサイズで迷っていて、それなら普通サイズにして俺とシェアしない?という事で合意。

 

 

P2060017

予想通り普通サイズは2個分だったので1つ戴く。

 

 

P2060018

こちらのシーザーサラダも取り分けた。

このエビが新鮮でプリプリで美味かったんだよね。大当たりのシーザー。

蕎麦で例えるなら11月の新蕎麦のような香りの良さと新鮮さ。素晴らしい。

 

 

P2060019

シェア後はこのような朝食になった^^

もちろん、エッグベネディクトもメチャクチャ美味かったですよ^^

 

 

 

P2060020

P2060021

このレストランです。

 

 

P2060022

HOTEL CARMEL(カーメル)の1階にあります。

朝食の時は是非どーぞ!

 

 

P2060023

WELLS FARGOはアメリカの銀行で、個人向けの堅実な融資によりリーマンショックの時にサブプライムローンの影響をほとんど受けなかったけれど株価を大きく下げた。その時、ウオーレンバフェット率いるバークシャーハサウエイが株を大量に購入し大株主になった。

バークシャーハサウエイはコカコーラやアメリカンエキスプレスなどの大株主で、日本では東芝タンガロイの株を大量に保有しているのだけど、銀行株を持つのはこのウエルズファーゴが初めて。(それまでは持たないと決めていた)

朝のニュースで過去の不正が発覚し、アメリカ政府からの追求を受け、株価を大きく下げていた。まあ、ウオーレンバフェットもチャーリーマンガーも慌てる事なく静観しているんだろうけれど^^

 

 

P2060024

2年前に食事をしたレストラン。

NAPAワインが美味しく安く飲める店だ。高級だけどリーズナブルで食事も美味しい^^

 

 

P2060025

海の前の道路。その先は太平洋です。

 

 

P2060026

この海沿いを走る道路から、各StreetやBoulevardが始まる。

 

 

P2060027

P2060028

P2060029

桟橋のあたりは何か土工事をしているようだった。

 

 

P2060030

この先がマリブ。

 

 

P2060031

日本ではマリブの風なんて商品が昔あったけど、アメリカの超高級住宅地です。

 

 

P2060032

P2060033

もういっちょマリブをアップ

 

 

P2060034

海沿いの歩道を歩く。

この後、須藤淳一君のお腹が緊急事態を起こし、トイレを探す。これはヤバイ。ヤバすぎる。超特急で出口を目指しているのがわかる。ヤバすぎる。

なかなか見つからないので一か八かエレベーターでビルの2階に行ってみたら普通の会社があり、「どうしたの?」と聞かれ「トイレに行きたいんだ」と言うと、「ここは会社のフロアだけど、トイレはそこにあるかろどうぞ使って^^」と、とても親切なラッキートイレに遭遇^^   ハッピーな会社でラッキーな事にトイレを借りる事が出来て事なきを得たのであります^^

やっぱりアメリカ人は親切でフレンドリーな方が多い。今回も助けられた。(ホッ!)

 

 

 

P2060035

ホテルを目指し走り出すと、BMWのX5とテスラが並んで走っていた。

 

 

P2060036

こうやって並ぶとX5のデザインがどうしても古く見える。3年か4年前にフルモデルチェンジしているんだけど。

洗練されたテスラのデザインが素晴らしい。近未来的^^

 

 

P2060037

美しいフォルム。

 

 

P2060038

ビバリーヒルトンは朝から相変わらずの厳戒態勢。

大統領でも来てんのかよ?

前回LAに来た時はオバマ大統領が宿泊していたけれど、そんなのにぶつかったら大変です。(あの時はウエストハリウッドのホテルに泊まっていたので影響は全く無かった)

 

 

 

P2060039

入れない。

 

 

 

P2060041

SPだらけ。

 

 

P2060042

部屋への廊下には居なかったけれど、1階のロビーや駐車場、出入り口などはSPと報道陣のカメラなどが大勢いた。

 

 

P2060043

白バイまであるんだから、アメリカか、もしくはザムンダの大統領が来ているとしか思えない。

 

 

P2060044

てなわけで。

仕事ですよ仕事。SPやら誰だか知らない有名人に関わっている暇は無いのですよ。

今日は消防車まで出動していてビバリーヒルズ周辺は何やら騒々しい。

 

 

P2060045

消防士さんも頑張ってください。

 

 

P2060046

ハイウエイを南下してトーランスを目指す。

 

 

 

P2060047

トーランスにあるトヨタのアメリカ本社はダラスへ移転を終え、閉鎖されひっそりとしていた。

この広大な敷地はどうなるのかと心配になったけれど、空いている土地が足りないので、あっという間に何かに転用されるのだろう。

 

 

P2060048

ホンダアメリカの本社も過ぎて

 

 

P2060049

ミヤコハイブリッドホテルへ。

以前、BANK OF THE WESTでの口座開設時お世話になった槙野さんと再開し、色々と話を伺った。

今はアメリカの違う銀行に勤めていて、BANK OF THE WESTの日本人向けのチームはBOSSが代わった事により全員転職してしまったらしい。

BANK OF THE WESTの口座は残しつつ、別の銀行口座を開いた方がいい。

 

 

P2060050

食事を終え、槙野さんと別れ、でっかいショッピングタウンへ。

 

 

P2060051

このHITACHIYAという店はもう無いみたいだし関係ないんだけど、

 

 

P2060052

その看板の下にある

初めてJA不動産へ。

日本のJAとは全く関係の無い会社です。

 

 

P2060053

もう何年お世話になっているだろう。あきちゃんが頭を先週手術したというので心配してきたんだけど、ぜーんぜん元気で驚いた。

レアルターの資格(アメリカの不動産売買仲介の資格。弁護士資格と同等で難しい)を2年前に取り、大活躍の彼女。明るく、親切なあきちゃんが無事で何よりだった。何と言っても、弊社所有のアパートはこの方のお陰で購入できたのだ。

次に来たらワインを大量ガブ呑みしようと約束し別れた。

いつまでも元気で頑張って欲しい。

 

 

 

 

P2060055

その横に面白い店があった。

色々な味のヨーグルトをあちらの機械から好きな量取り、

 

 

P2060056

こちらをトッピングする。で、量り売りしている。

自分もココナッツ味を試してみたけれどめちゃめちゃ美味しかった。

 

 

P2060057

トーランスは日本の材料を売るスーパーがたくさんあったり、日本食の美味しいレストランもあるし、何と言っても世界一の日本人コミニュティである。移住しても何不自由なく暮らせる街です。

 

 

P2060058

トーランスにあるスターツさんを訪問。先月大槻専務とお会いして来た事を伝える。

こちらでは日本の有名人の住宅の手当をしているそうで、スポーツ選手から芸能人まで頼りにされている。

 

 

P2060059

こんな街の一角に日本の不動産会社が店を出している。

 

 

P2060060

全員トイレに行きたくなり、近所にある江藤ちゃんの自宅へお邪魔する。

1階が駐車場、2階と3階が居住スペースの立派な家だった。

お父さんが以前購入した家に住んでいるという。写真は遠慮したけれど素晴らしい住宅だった。

 

 

P2060061

夕食は江藤ちゃんの車でマンハッタンビーチへ移動。

 

 

P2060062

田辺さんのバツゲームで今夜はこの高級な店で肉をご馳走になる。

 

 

P2060063

ワインリストには10万とか20万30万円(JPY)もするワインが普通に並び、中には$8000、つまり80万円以上のものが普通に並んでいた。

 

 

P2060064

ヤバイです。田辺さんピンチ!!

本人も肉よりワインを心配していたらしい。肉はいくら高くてもせいぜい一人当たり1万円とか2万円もあれば最高級のものが食べられるけれど、ワインはとんでもない値段のものがいくらでもある。

 

 

P2060065

最初の飲み物が出て来るのに40分もかかり、江藤ちゃんが本気で怒っていた。ビールを交換しろ!と、なかなか厳しい^^ 頼り甲斐があるね。店員さんタジタジでした。東洋人の集まりだと思ってバカにされたのかな??流暢というか、本当のLA英語で怒られてかなり怯む白人店員君。

 

 

P2060066

ワインのオーダーは鋭い眼差してワインリストを見る寺山さんに委ねられた。

私と二人でゲラゲラ笑いながらリストを見て、30万!!80万!!と、ウケていたんだけど、大人の寺山さんは2万円から3万円くらいのボトルで纏め、ワイン代は10万円前後におさまるようにしていた。大人の選択ですよ。素晴らしい^^

 

 

P2060067

P2060068

P2060069

P2060070

素晴らしく美味しいワインたちは次々に空になっていった。

 

 

P2060071

ヤバい肉が出てキタ。

目の前の宍戸さんは沖縄からLAに留学し、MBAを取得してしまった才女。控えめで礼儀正しい。それでいてフレンドリーである。

 

 

P2060072

トマホークという肉(笑笑)

あばら骨まで一緒に出て来た。

寺山さんが私の分まで切り分けてくれて、「須藤さんこの部分とこの部分を食べ比べてみて」と勧めてくれた。

同じ肉なのに全く違う味がして、どこを食べても違う。飽きない。

地元でも超有名な店での食事^^ 素晴らしい。

 

 

P2060073

もう一つ出て来た。

 

 

P2060074

トマホークの方が奥深く美味い肉だった。

 

 

P2060075

 

マッシュルームの炒め物だったかな?

全てが美味でした。

さすが一流。マンハッタンビーチに店を出せる事自体素晴らしい。

 

P2060076

P2060077

ワインはさらに注文される。

 

 

P2060078

美しく美味しい肉。

 

 

 

P2060080

ワインのコルクは真っ黒で

 

 

P2060081

P2060082

1998年式のこちらはたまらなく美味しいワインだった。

さすが寺山さん。美味しいものを知り尽くしている。

 

 

 

P2060083

デザートもアメリカンサイズだったけれど、ちょっと遠慮した。

 

 

P2060001

ウーバーで車を呼び、ビバリーヒルトンまでは1時間弱。

助手席を勧めてもらいゆったりと乗っていたら眠ってしまった。

 

 

P2060002

部屋からの眺めは霧がかかっていた。

 

 

 

P2060004

今夜で寺山さんと江藤ちゃん、宍戸さんらと別れ明日はダラスを目指す。

駆け足だけど内容の濃い旅である。田辺さんには感謝しかない。自分まで色々な所に同席させてくれる。

 

寺山さんとは東京での再会を約束し、江藤ちゃんと宍戸さんにはまたすぐに戻ると伝えた。

それまで元気でいて欲しい。

LAの仲間ともすっかり馴染みになってしまった。

ありがたや。ありがたや。

 

つづく

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP