社長のDiary

AKITA 終了

ちょっと前の夏の話です。

やっと気持ちの整理がついたのでUPする事にしました。

成功ばかりではない。

失敗を重ねたから成功があるのだ。

 

 

 

P8020001

水害の後、あらためて秋田へ向かった。

秋田の集中豪雨の翌日には、携帯に銀行からの不在着信が何度も記録されていた。

 

P8020002

天気の良い初夏のドライブ。

 

 

P8020003

P8020004

日本海では雲がバビューーンと流れていた。

 

 

P8020005

P8020006

道の駅で休憩をしてから

 

 

 

P8020009

秋田を目指した。

鳥海も見えていた。

 

 

P8020010

高台からの写真。

 

 

P8020011

まあまあ進んでいるように見えたけど

 

 

P8020012

P8020013

半分は終わっていない。

 

 

P8020014

3月末完成を6月末に延長し、さらに工事が遅れ、8月末には必ず完成させると約束をしていた。

 

 

 

 

P8020017

草がボーボーで。

やる気と引き渡す気があるのかわからなかった。

 

 

P8020018

 

土砂崩れがあったという話を聞き、現場の裏手に回ると・・・

 

 

P8020019

 

ホントに土砂崩れを起こしていた。

 

 

 

P8020020

P8020021

うちの反対側の現場も。

 

 

P8020022

 

上流の道路の水がこの谷間の道路に流れ込み、土を洗い、土砂くずれを起こしたらしい。

 

 

P8020023

 

アスファルトまでめくれていた。

 

 

P8020024

 

隣の現場は・・・

 

 

P8020025

 

危うくキューピクルが落っこちるところだったという。

 

 

P8020026

 

道路は土砂で埋もれ、側溝は両側の土が流されていた。

 

 

 

 

P8020029

 

うちの方も酷かった。

 

 

P8020030

 

あらら(大汗)

 

 

P8020031

 

現場の裏側。

 

 

P8020032

 

ここも土砂崩れをしており、近くまで行ってみた。

 

 

P8020034

P8020035

P8020036

 

道路の反対側まで流されたらしい。

 

 

P8020037

 

川がせき止められた。

 

 

P8020038

P8020039

 

工事の対策、今後のスケジュールについてはノーコメントだった。電話にもなかなか出ない事が多くなる売主。

 

 

P8020040

 

トボトボと海沿いを帰る。(ジムニーで行ったので本当にトボトボという感じだった。)

 

 

 

P8020041

 

それでも綺麗なものは綺麗で。夏の日本海が美しく輝いている。車を止めしばらく眺めていた。

 

 

P8020043

P8020044

P8020045

 

水田はは夏の太陽に育まれていた。

 

 

P8020046

 

日本の美しい夏の風景。

 

 

P8020047

P8020048

 

空は晴れているのに心はなかなか晴れなかった。

 

 

P8020049

P8020050

東根市で見つけていたビックラーメン。

どんだけビックなのかといつも気になっていた。ビックなものやビックな事は大好きだ。

夜も7時を過ぎたので勇気を出して寄ってみた。(相変わらず一人で外食をするのが苦手なビックになれない男。須藤淳一48歳)

 

 

 

P8020051

 

メニューも豊富。

 

 

 

P8020052

 

おお!!ビッグ!!

 

 

 

 

と、思ったら・・・・

 

 

 

 

 

P8020053

 

うっすっ!!!!!

 

上からは「ビッグ!」

横からは「うっすっ!」

 

がっくりとうなだれて地元を目指したのでありました。

せめて上げ底にしてくれたら目だけでも楽しめたのに。

味は悪くないんだけど。

 

その後、秋田の発電所、売主は全く善処してくれなかった。

一度話をしに来たけれど、その時はさすがにガツンと言ってやった。

あちらもがっくりとうなだれて帰っていった。

 

すでに物件価格の90%、3億円を支払済だった。

「工事が遅れたら8月末日には全額返済しますよ!」

なんてカッコつけて偉そうに言っていたけれど、ぜーんぜん嘘。金なんて持ってないんだわ。

全く約束の守れない男だった。

 

多くの方々の協力を戴き、約束の日を1ヶ月近く経過した9月26日には全額回収。今年の8月と9月は暗い気分で過ごしていたなあ。

ハッタリだけでだらしのない会社だった。

 

毎月2回くらい現場へ通う間に、素晴らしい方々との出会いもあった。

しゃんしゃんと握手して、現場の方々と工事を終え、日本のエネルギー問題解決の為、この素晴らしい地球の為、元気はつらつ太陽光発電がしたかったのにとても残念です。

 

秋田の皆様には大変お世話になりありがとうございました。

秋田は20代の頃からずっと大好きですよ。

残念だな。

秋田での投資事業募集中〜〜

チャイナタウンのみそちゃんぽんも毎月食べられると思ったのに〜〜

エーンエーン(´;Д;`)

 

チャイナタウン、最後は2日連続で行っておいて良かったよ〜〜

 

終わり

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP