社長のDiary

2021年7月よもやま

気がついたら10月も終盤になっておりました。 忘れていたわけじゃないけれどなかなかここのところ忙しかったですね。

7月を振り返ります。

 

  D8A48F0C-E726-4698-95B0-672A33B8A51E

上旬にはドラマーのシンちゃんが来てくれて、昨年お願いしていたシンバルを使った指輪を届けてくれた。 素晴らしい出来栄え。なかなかのクオリティ。

プラチナと金を混ぜているらしい。 原材料の比率はわからないけれど、24金と、入れてもらいました。

 

 

  F90BC3E0-9F59-4872-9269-9A92C05E58B4

久しぶりに信夫山を歩いてみた。

 

  3F275232-8572-4D8C-B3C2-A533E9245298

暑い日でクラクラしそうだったけれど、たまにはトレーニングです。 駅前のESTAビルが見える。

 

 

8EC9655B-5D0E-411E-9E5C-A409C0099631

東京へ呼ばれ、久しぶりにリッツカールトン東京へ宿泊。

到着してすぐ、ティータイムとなった。

 

 

      023F83A4-0857-41F4-9EF9-4D53243A37E8

部屋は普通の広い部屋。 アップグレードは無かったけれど、ラウンジアクセスできる部屋(クラブルーム)を頼んでおいた。

 

 

 

918BD812-2656-495D-AD61-4E97AAA188D1

今回は前回と反対側の六本木ヒルズや東京タワービューの部屋だった。

 

 

 

2E7353FE-3B4C-4033-98B4-3795489F0503

ラウンジでアルコールの提供を停止していたため、部屋にはシャンパンや赤ワインが沢山置いてあり、全て無料だという。ありがたく頂戴しましょ^^

 

 

  7DF11ADB-B81E-40EA-BA6B-19B9BEA663EC

 

1AD512E2-C136-4371-BD05-BBBA84908E5B

バスルームも前回と同じで、洗面台が2つ。

 

 

  00D3A64F-21D1-4DAB-8E46-C91252D94EF2

いただいたワインにはラベルにリッツ・カールトンが入っていた。

 

 

 

  7835900C-5DD3-4C32-B704-647914703B5F

馴染みの宝石店からもシャンパンが届けられていた。 恐縮です。

 

 

 

  0B4C9D1E-10FE-4F01-980D-72D766D6B586

初めて見るシャンパン。 グラスは宝石店の紋章入りだった(汗) 。このグラス欲しい^^;

 

 

 

  5A180563-5CA4-4AE0-8CA7-D2ADFDFA462A

都内上空を飛行機が飛ぶようになったけれど、これから便数が戻ればしょっちゅう見るようになるのだろう。

 

 

09C3C766-1AA5-4D06-BD6C-CD54C879FF72

部屋の窓から正面より少し右側を見ると富士山が頭を出していた。

 

 

    199958A0-5D7F-4826-96F1-4B68AD4D0415

B61B9869-8277-46E1-9CC8-7348C5CCCD25

日が西へ傾く。

 

 

C5E21893-47E8-497A-8F87-A6282FE41BF7

698E9097-9036-478A-8D0B-62C840A7D081

富士山はずっと頭を出していてくれた。

 

 

7B6DC3E2-37DF-4268-AD43-CB83667CE0B7

ラウンジへ。

 

 

029E6852-D069-4816-9B78-6170F1A76CD2

酒の無いカクテルタイムだったので、アイスコーヒーで軽食を食べた。(その前に少し飲んでいたから少し冷めた)

 

 

9D7DF4EA-4627-4356-98FB-745D8F36C430

部屋へ戻ると綺麗な夕景になっていた。

 

 

04E43227-80B6-478C-A056-A23489F33EAA

471573C0-16A9-4FF4-9299-D9F2E7E5AAFE

太陽の光に影が出来て、カーテンのようになっていた。

こんな自然現象は初めて見るものだった。

 

 

F9AB632A-D56A-4667-AA5B-BBCBB335D5E4

雲が下がり、富士山はさっきよりも良く見えるようになってきた。

 

 

13FACB54-0473-4CF4-94D5-2E35DFE1DEE0

8D81B16E-D9FB-40FD-8325-79B74CD53D58

六本木ヒルズからも富士山を観て過ごしている人はいるのだろうか。 慣れちゃうと外なんか見ないって人がよく居るけれど、自分はどんなに慣れても、景色を眺めたくなってしまう。ホテルでも、飛行機でも、船でも車でも。

 

 

AD94380A-2415-4B93-B253-8BA881C3CE7D

月が出てきた。

 

 

F39C3FF8-3772-46D7-B551-F8E37765A37D

光のカーテンがすごい。 あの雲が太陽光を遮っているからこのようにストライプになっているのだろう。

空を横切るレンブラント光線なのだろうか。

 

 

910A22D7-4A85-43C3-8FAA-CBF695FB5246

夕方と夜の間の時間。

 

 

89DE463B-D0C1-426A-BACB-0EF0DC0D697F

街の灯りも美しい。

 

 

66BF1333-65BE-412A-8FA8-76B5B40DD3A3

9013DD44-FAD2-47DE-AF0A-F468E4E1DE2C

緊急事態宣言下、みなさん家で大人しく楽しく家族と過ごしているのだろうか。

 

 

080D2156-B0C7-48C0-BC69-FBD7D9C6E3D0

翌朝も晴天。

 

 

6E007C80-5A55-47A7-AE2B-A520ABBD17CB

富士山はバッチリ見えていた。

 

 

 

A7780783-FFC5-4B1F-84BB-A9DBB267557D

ラウンジへ。

 

B1ABE1D7-B064-486E-AE98-48FD9DFCC9B9

窓の景色が絵になる。

絵画を見ているようだった。

 

 

672C12EC-A8D6-4697-B6A8-256260ED6505

朝食タイム。 アイスコーヒーばかり飲んでいる。

 

 

  3AA867C3-4FEE-4031-B00A-70503258B3C9

11時過ぎにチェックアウトする。

16時までにチェックアウトすれば良かったので夕方まで過ごしたかったんだけど・・・

 

 

 

BBA89EBF-F117-4BEE-8A2D-6D9B4F015CEE

新宿の小笠原伯爵邸へお呼ばれ。車で移動。

 

 

  2052DDEA-1546-4C37-B690-10763AEF9C8B

約1000坪の敷地に昭和2年竣工当時の建物が残っていて。

新宿の河田町にあるんだけど、都会の現代に居る事を忘れてしまう。

 

A676D9EC-07ED-4D42-B1A5-9B8DED8748C0

壁が七色で、ステンドグラスか何かが映っているのだろうと思ったら、ソファの裏側で七色の電気を当てていた。

昭和初期、匠の技巧かと思い焦ったが、現代の光であった。

 

 

 

BD65807F-D58A-4D55-960F-5AB3D11E2215

D5A96A8C-AC30-4AC7-AF95-7A3FFF3E4CE6

なんとなく撮った2枚の写真が繋がっていた。

青い天井とモザイク模様をあしらった建具を配した壁。

オレは写真の天才か!?(自画自賛する)

スパニッシュ建築なのだそうです。

 

 

 

71E52E4F-2054-45BC-A215-5E000E0CBE2F

昼食をご馳走になる。

 

  F052B5F9-A000-4F0D-ACF7-416308F7D129

美味しいんだわ。

 

 

56077BAD-B3BF-49ED-9EC4-DBEF661A866C

伯爵邸を現在はレストランが借り上げているそうです。

 

 

A0C4BC01-3914-4D83-9466-AC96D42C6C11

芸能界の方々も数名来られていたようです。

 

 

0D4718F3-8030-42D9-B55E-0C6372FD1756

1A72B679-4EED-4013-9537-39EF4D4625FF

スイーツの二の膳はすぐ血となり肉となる。

 

 

017C62BA-2FAA-47B7-8FE1-A1604126EAF9_4_5005_c

懐かしい同級生の写真を小林まこPからGET

 

C43B5FAA-64A8-48BC-9FF8-9F5227B771C0

学生時代、オカマバンドを学祭でやった時の懐かしい一枚(写真は私ではなく、ベーシストです。ドラムは女装したら叩けないし似合うわけもないのでお断りした)

 

17892EE7-0C5B-43A8-8628-6391199CB1E6

新潟に用があり、日航新潟ホテルに宿泊 。港から見える一番高い建物で、以前から一度泊まってみたいと思っていた。 「朱鷺メッセ」が入っている建物と書いた方が理解できる方も居るのでは??

 

  3AA9078E-83F2-41A3-B730-6D58D054BE79

反対の北側の眺望。

 

 

  4F4B4368-128E-4757-A739-4AB0E8DA3D2C

夕日がだんだん沈んできました。

 

 

F5127BD8-C65E-41FE-AED8-6D2625813280

窓はそんなに大きくはないし、部屋もそれほど広いわけではないけれど、遮る物が無いというのは自然の豊かな一面を、時折楽しませてくれるものです。

 

10EACF5B-044B-40BE-BC3E-6A0E32700C49

AA50DB97-329D-4572-90AA-C3BB3CD3F7EB

眼下にはヨットが20杯以上停泊していた。 海や大きな川に囲まれた新潟市は進んでいる。 例えば猪苗代湖では、湖にヨットを係留する事を県が認めないらしい。(自分がよく乗っていた30年近く前からそんな問題が話題になっていたけれど、現在はもっと厳しくなったらしいです) 福島の水遊び文化はとても遅れている。

 

  01AFE009-F0CA-41CF-8B7F-8866AA14E3B7

今日は夕日が期待できそう^^

 

83337F25-AB74-4F61-B1AB-A1EBDA92F7DA

影日航

 

 

293DC13C-103D-468C-9062-077EC298C01A

最上階に展望室があり、ここでビュッフェスタイル飲み食べ放題が5000円くらいで早速予約してみた。

 

 

F287FF8D-0549-4365-A6C2-CB4C3AE16D1F

窓際の席は取れなかったけれど、1列内側で眺める。

 

 

AAB95CB6-A07E-4CB7-B88F-68E99D054C34

20D2F33F-95F4-4484-9367-44D568BBBE4A

こんな形で樽詰めスパークリングワインや赤ワインに白ワインもあり、とても良かった。 樽詰めのスパークリングはどこで飲んでも少し甘いので、女性向けかもしれない。 自分はどちらかといえばドライな、例えばシェリー酒であればヘビードライのティオペぺを頼むくらいなので、あまり甘いのは飲めません。

 

 

C806B6C4-230A-4609-BF9F-C55209ED0C77

お客さんに悪いので、席を立っている時に取らせてもらう。 絵になるなぁ〜

 

 

72B80F70-E42D-47C8-8826-4F51CADCE23C

BC381098-A7DA-45D2-987E-B8CD6E3ABF16

太陽が爆発しているからなのか、iPhoneでの撮影だからなのか、太陽がてんこ盛りのどんぶり飯のような、または落ちる寸前の線香花火みたいな形になっていた。

 

 

ABFA59CD-6393-4076-8DC1-BC375F565E79

オレンジ色に輝き始める。

 

 

376867A4-E8BD-4D36-8127-8671603040BD

てんこ盛りの卵かけご飯のようにも見えてキタ。

 

 

E06B5876-AD35-4099-B0D1-34068EA4F04B

あまり他人の席から見える太陽ばかりを撮影するのも気が引けるので・・・

 

 

6E6A6EA6-E57B-4287-B9EC-81AE20C44366

エレベーターに乗り(写真は太陽の反対側)

 

 

  169204FF-15A9-4A54-B2ED-8C82DF293B59

部屋へ行ってみたらなんと・・・ 雲が出てきて沈んでしまった。 ほんの2、3分の出来事。

 

 

429D8F82-663E-40EE-8A8E-168695EF8B37

待てど

 

 

D1F11819-D1AF-4D03-A950-DB69EFEECF9A

暮らせど

 

 

46841FF9-339C-459D-9E25-A70A77319FCE

太陽は出てこない。

 

50C0E7CA-4DAC-4ABE-A5ED-B4EE72B0B1A7

諦めてレストランへ戻ろう。

 

 

8C26F127-0C6E-4E33-A56D-E55B170A7319

この日は大好きなウナギも食べ放題で。 ウナギの食べ放題なんて聞いたことがない。

 

 

BECF262E-AFF0-489B-8A75-F2E6D29252CD

夕焼けから夜へ変わろうとしていた。

 

 

5C962578-92AD-4358-BE76-DFA40B9C4DAD

オレのブラックホール腹は、ウナギを2匹くらいは軽く受け入れてしまったんだけど、最後の皿を半分くらい進んだところでギブアップ。 気持ち悪くなっちゃった。 それでもウナギに失礼なので、赤ワインのタンニンを頼りにウナギ→赤ワイン→ウナギ→赤ワインと食べ続け、給食のパン→牛乳→おかずのような交互作戦により完食した。

 

 

395142F9-8954-48F3-BBB7-A029ECF987D7

美しい夕焼けが長いこと続いた。夏は美しい景色をいつまでも長く見ていられるのがいい。

 

 

ED23C8C6-0466-4924-A62E-1B6B4E168176

部屋に戻りしばらくすると完全な夜へと変わっていた。

ウナギと赤ワインのせいかぐっすりと眠れた。

 

A901BCF3-E25C-4067-BF6E-9AF00E5182C2

翌朝。 海は鏡を敷き詰めたような凪で、雲が海面に写っていた。

 

 

BB3C8FEB-E930-4796-9A9A-1440C33A65CE

こんなに穏やかな日本海も珍しい。  夏だわ。

 

 

  0746B118-CEEC-494F-8072-655DAEF3F452

日曜日の今日はヨットが1杯、また1杯と出港して行った。

 

 

4E1DE698-9E20-43BE-815B-077B7757B1BC

10時過ぎにチェックアウトし、海沿いのルートを南下する。

 

 

131AD697-88BA-424F-919D-8C2EEC465929

海だけじゃなく、緑も美しい。

 

 

75650CF6-CB05-49B0-9F39-451A2EA5B812

以前登った角田山の麓あたりから道路は左に逸れ、さらに左折していく。

弥彦神社に向かっていた。

 

 

B920587A-E27E-4A45-89D5-62B9BDFE2C63

写真の解像度が落ちていて見えづらいと思うけれど、 「須藤・エンタープライズグループホールディングス  代表取締役 須 藤 淳 一 」と、通りの両側に行灯が設置されている。

 

 

B5135F5B-890B-492B-B6A3-A376B9055D25

以前、弥彦山を登りに来た時、たまたまこのお祭りをしている最中で、連絡をもらえるようお願いしておいたんだ。

 

 

 

1E0F8EC0-DF4C-4DD3-B20B-4B2F1A4B7BD4

祖父母が以前、三条に住んでおり、遊びに来た都度弥彦山、弥彦神社は訪れていた場所で、昔から馴染みがある。

そんな事で協賛させていただくようになった。

 

 

B4C63A54-7735-410C-9448-32446F53361E

このように対になっております。

人出は例年ほどではない。

 

 

31C8F13E-C764-434E-9EDD-A519984B26B0

境内もそれほど並ばない。

 

 

79AA6330-F0B7-4BE0-B2D6-5BA2A37E9F6B

頂上あたりに神殿があるのか!?と、細い目をさらに細めてよく見ると、どうやらロープウエイの終点駅のようでした。

 

 

796638F2-FAB3-4C89-8DC8-0C49AA5287B0

この神社は独特で、拍手を4回する。 この四拍手についてなぜこのようになったのか、神社でも解っていないそうです。

 

 

 

BABC0FB4-0876-47C1-B092-2D1DB6E6064A

この鳥居もミステリーである。

 

 

 

D7D2A29F-3E55-4796-B092-46FF8B94805C

柱が浮いているという。

 

B1748A12-E3A6-4FAE-B538-67A474530983

地面にしゃがんで 撮ってみる。

 

 

0E9C7F33-13D7-402C-82C6-4AF6C0590922

確かに浮いている・・・か??

 

 

  DE63EA73-343E-4009-8B0B-6D73352C6C8C

何やらまんなかに1本通っているから、浮いているわけではなさそう^^;

 

 

EA307E9F-E4F2-47A8-AC06-AA0D215C21EB

少し上からのアングルでアップにすると浮いて見える。

 

 

  8BF471EB-D20A-4836-B470-35B1255D4516

遠目にも浮いて見える。

 

 

 

9036C09F-BB20-42D9-9A93-1D31BB5EC63B

大きくて立派な鳥居です。

まあ、浮いていると言うことで。

みなさんお参りしながら見に行ってみてください。

 

 

 

39FAC789-F394-42CC-9932-C4904D34F9A0

ちょっと一服。

暑いので冷たいものを頼みすぎた。

 

 

 

 

D4AE4236-499C-4188-9384-C959633305AD

もう一度行灯を眺めて帰る。

 

 

 

EDFAC7B5-C5F7-4004-94FE-FCF98C66974B

帰りも海沿いを攻めて

 

 

 

 

9501D868-DCE3-46F0-865D-535D13933ADB

天気がいい。

 

 

 

1B9E53B0-45E7-4ACD-939E-14FA2246A0A3

海沿いを走るのが大好きです。

新潟市から7号線に乗り、日東道を北上し、村上の手前から113号へ入り、小国町、米沢市を経由して帰った。

 

 

241D72AD-904C-4D70-BD4B-C570685F0859

翌日は鶴岡の方へ用があり、47号線を走っていた。

昨日とは少し北側の日本海を目指す。

雲が完全に夏だわ。

 

 

B4C581FD-6E1A-4306-8390-CB3A7C8819C0

ちょっと足を伸ばし象潟の道の駅へ。

この岩牡蠣を食べるのに30秒かからなかった。

岩牡蠣は飲み物です^^

 

 

 

 

C9A3BEA3-B784-4254-9DFA-3F4175E89582

翌週。

いわき市中央台の建物の内装工事が仕上がり、施主検査へ。

 

 

 

9FE2FDFA-F121-461B-94E8-55589DF083F0

85EA581F-B4CA-4EE8-B7C8-03C452941EDB

初めていわき市の三崎組さんへ工事を発注しましたが、施工がいい。

今時は建材もいいのが沢山あるのでピシッと仕上がります。

ありがとうございました。

 

 

 

3269DC1E-51A4-42DA-8D5D-114DB13C688E

帰りは楢葉町に寄る。

地震でOcean Terraceが壊れたので改修工事をしてもらっていました。

地震保険に入っていたので助かります。

 

 

44050378-922C-4A5E-A73E-5CEEA42970FE

東邦銀行楢葉支店がお隣さん。

 

 

 

EF948DDA-F220-43DB-9442-D28B52A04A2A

4階くらいの高さまで足場を上がりました。

 

 

 

31E1EC90-DB92-4722-B59E-7E163093ACE4

2階以上で海が見えます。

 

 

 

 

FE1C6C24-C7CF-4C3B-A769-7783E29FE5AB

B9FF0FD2-6D31-441A-AC90-41F7C9086ED3

内装もクラック処理がされて綺麗になりました。

ここに来ると1階のローソンでワインを10本買って帰る。

オーナーご夫妻やお店の方々も喜んでくれる。

この日も立ち会ってくれた業者さん3名へお礼に1本ずつ渡した。

残りは事務所に来てくれた方々に渡したりするのにとても喜ばれていいものだ。

高くはないけれど、ローソンのワインは美味しい。

 

 

 

7AE29568-D7D3-497F-A377-C9E80676667B

いわき、楢葉への出張から戻り、夜は岡山から来社された社長と食事へ。

 

 

DFF40F51-A467-4E68-91B1-AE808D0DED09

初めて東邦銀行の裏にあるお店へ行きましたが美味しい^^

 

 

F731A4C5-6364-44A8-BBD5-FA5921911F13

全部の写真ではありませんが、10品くらい出てきたのかな。

何を食べても美味しかったです。

 

 

 

 

65D47429-259C-49CF-8C6A-8AF78ECD6E5B

翌日はお祝い事があり、いつもの「ふくの季」さんへ。

 

 

5627A5A0-09E6-49DB-8BE3-F92FF5521B05

毎回フォアグラのパイ包には泣かされます。

文句なし。

 

 

829C90D9-F06B-4670-A368-657794CED96D

フィレも素晴らしい。

 

 

F75DC9A1-F577-43C8-ACC7-8FA3D764D793

毎回違うデザートにも泣かされます。

ワインも美味しい。

いつもオーナーの阿部さんとはワインのことから食材の事、フランスでの一件など、色々な事を話し込んでしまう。

奥さんもよく笑ってくれて(アタシのバカな話についてきてくれる^^;) 毎回楽しく食事させてもらっています。

 

 

7月はこのような美食の1か月でした。

8月の写真もUPは終わっており、文章を書くのみです。う少しお待ちください。

9月10月と一気にUPできるよう頑張ります。

 

おわり

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP