社長のDiary

シンガポール→クアラルンプール→シンガポールな旅9

遅れに遅れて真夜中のチャンギ国際空港に到着。もう、疲れたし、眠いし、どーでも良かった。眠らない空港では、こんな事当たり前なんだろうけど・・・今まででも、格安旅行ではよくある事だった。夜中2時グアムでホテルにチェックインとか、カイロ空港も、夜11時頃に着いて、ホテルに入ったのは午前0時を過ぎていたと思う。このようなスケジュールの旅は久しぶりだった。まあ、飛行機が3時間近く遅れたのが原因なんだけど・・・

駐車場へ行くと、地面に何か書いてある。

お隣のレーンは最近出来た有名なマリーナベイサンズの専用駐車場だった。大きなホテルだから、お客さんがひっきりなしに来るのでしょう。今回は私もここに泊まるものと思っていたのだけれど、案外サービスが悪いそうで変更になった。カジノで収益の多くを上げているのでしょうから、そーゆー事があっても不思議ではないけれど。逆に宿泊費はぜんぜん高くないそうです。(アメリカのカジノだってそうだ。アメリカへ渡る中での格安旅行といえば、あの砂漠の真ん中に突如出来た街へ行く事だ。1週間以上行って15万円くらいなんてツアーはざらにある。)

オーチャードという、日本でいえば銀座である。そこにあるセントレジスホテル(St.Regis Singapore)に宿泊。シンガポールの6つ星ホテルである。日本でSt.Regisは大阪にあるようだけれど(東京はどうなのかわかりません)同じく高級のさらに上を行くのであろうか?

大好きな大理石がふんだんに使ってあります。

トイレからお風呂に行く時、滑って転びそうになった。濡れた大理石には要注意!!キ!ケ!ン!

シャワーブースも別になっています。

このお風呂、カッコイイけど気を使います。ジャバンジャバンと入る感じではなく、そーっと入ってもお湯がこぼれる。排水はあったので大丈夫そうだったけど、外国で風呂の水が溢れて下階で水漏れがしたなんていう話は定番なので、なるべく慎重に。(気が小さいだけなの^^)

バトラー(日本でいうと執事でしょうか)がついており、24時間サービスしてもらえます。コーヒー、紅茶、ソフトドリンクは電話をすれば無料で真夜中でも3分以内には持ってきてくれます。到着時に服を3枚まで、靴を1足出せば無料で全て翌朝までにクリーニングをして貰えるサービスがあったけれど、眠くてそれどころではなかった。もう大丈夫だから、お互い眠いんだから、帰っていいよ^^もう真夜中です。

私には贅沢すぎます。

あっという間に朝はやってきました。眠い。4時間眠っていません。

目の前(オーチャードロードを挟んだ向かい側)は植物園や、日本大使館、フィリピン大使館などがある地区。この森の中には、シンガポールで一番の超高級住宅街がある。有名人だと、数年前にアメリカの投資家ジムロジャースがシンガポールへ移住したのは有名な話だけれど、この中に住んでいらっしゃいます。

やはり、英国統治下にあった国です。2階建バスが走る。無知な私の第一印象は整然とした香港といったイメージ。

今日は、陸路マレーシア側へ向かい、マラッカ海峡に通じるジョホール水道を渡り、マレーシア最南端の町ジョホール・バルへ。また物件の調査です。なんだか忙しい。

つづく

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP